東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

活動・地域連携

高大連携事業

高校教育と大学教育を連携させることで、生徒・学生の「学力」形成の継続性をはかること、そしてキャリア形成の意識を高めることを目的にします。

さらに、大学の学びと生活について理解を深め、学校選択のミスマッチの防止を目指します。「なぜ学ぶのか。」「なぜ大学に行くのか。」「どのような職業選択をするのか。」をより明確化するための一助となる取り組みとして進めたいと考えています。

 

担当副学長あいさつ

副学長 岩見 哲夫

 

日ごろより、東京家政学院大学にご理解とご協力をいただきありがとうございます。東京家政学院大学では、大学は地域社会の一員であること、また本学の発展・成長は地域社会とともにあることを共通の理解として自覚し、地域連携活動を推進してまいりました。そこで、今年度より高大連携事業をより一層強化・推進するため、新たに学内に「高大連携事業推進ワーキンググループ」を設置し地域の高校を中心とした交流・連携活動を進めることとしました。本学の高大連携事業は次の3点を柱として進めてまいりたいと考えています。

 

(1)教育を軸とした高校と大学の交流・連携

(2)生徒・学生の学校選択・キャリア選択に資する活動

(3)地域の初等・中等教育の教育活動へ貢献する連携

 

高校教育と大学教育を連携させることは、生徒・学生の「学力」形成の継続性を図ること、キャリア形成の意識を高めること、さらに、大学の学びと生活との関わりについて理解を深め、学校選択のミスマッチの防止し、「なぜ学ぶのか」「なぜ大学に行くのか」「どのような職業選択をするのか」をより明確化するための一助となると考えます。

各方面のご協力を得て、高大連携事業を進めてまいりたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。

 

2017年6月26日

 

基本方針

高校と大学の連携は多様であり、継続的に進めるためには可能な範囲での連携が重要であると考えます。当面の間、次の点を大切にした高大連携を進めます。

 

(1)教育を軸とした高校と大学の交流・連携

(2)生徒・学生の学校選択・キャリア選択に資する活動

(3)本学を中心とした地域の高校との連携

 

 

連携・交流のスタイル

協定締結高校との連携・交流

    • 聴講生受入れ(科目履修制度)・・単位認定制度あり
    • インターンシップの受け入れ
    • 相互授業の乗り入れ(出張講義・出張授業・学生参加)
    • 高校生体験プログラム(夏季休業中)
    • 大学施設の活用
    • 教員研修(研修会講師派遣)
    • 共同研究・イベントの実施
    • 協定締結校協議会の開催
    • その他

 

一般高校(小学校・中学校含む)との連携・交流

    • 出張講義(学生参加)
    • 大学体験
    • インターンシップの受け入れ
    • 教員研修(研修会講師派遣)
    • その他

 

申し込み方法 

ファックス送信用[DOC:55KB]によりご連絡してください。こちらから担当の先生に直接お電話を差し上げます。講師派遣等は学内での調整等が必要なため、時間の余裕をとってください。 

直接高校にお伺いして、打ち合わせをすることもあります。その節はよろしくお願いいたします。

 

 

協定締結高校等の一覧 (2017年度5月現在)

    • 東京家政学院高等学校
    • 都立町田総合高等学校
    • 都立忍岡高等学校
    • 県立相原高等学校
    • 県立橋本高等学校
    • 県立相模原総合高等学校
    • 川崎市立川崎高等学校 

 

最新情報

2017年6月30日7月23日 夏季特別講座を開催します。ご興味のある方は、チラシ(申込書付)[DOC:49KB]を参照願います。
2016年12月14日

・県立高校生学習活動コンソーシアムに参加

・東京家政学院大学は、2016年12月14日に神奈川県教育委員会と、「連携と協力に関する協定」を締結しました。

 

高大連携の内容

 

アクセス・連絡先

アクセス

 

所在地

〒194-0292

東京都町田市相原町2600 | 電話番号042-782-9811(町田キャンパス)

〒102-8341

東京都千代田区三番町22 | 電話番号03-3262-2257 (千代田三番町キャンパス)

 

連絡先

 大学事務局   FAX 042-782-9880(町田キャンパス)

 

 

関連情報