東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

現代生活学部 健康栄養学科(千代田三番町キャンパス)Department of Health and Nutrition

授業紹介※平成30年4月から人間栄養学部人間栄養学科へ

先輩の履修モデル

自分の目標や、興味のある分野によって、多彩な授業を組み合わせることができます。
先輩の学びを少しだけご紹介いたします。

病院での実習で出会った「管理栄養士」の活躍に心動かされ、めざす方向が見えた!

健康栄養学科 若山 こずえ

病院管理栄養士になって患者さんの生きる活力をサポートしたい!

病院管理栄養士になろうと決めたのは、2年次の病院実習で、その活躍を間近に見てのこと。食事指導、レシピ提案、食の悩み相談を通して患者さんに寄り添う姿に心を動かされました。「患者さんの食べる喜び、生きる活力を少しでもサポートしたい!」そんな思いを胸に国家試験合格をめざします。

  • 授業の時間割、模試、就職活動などの予定をしっかり確認!スケジュールがいっぱいの1日は、あっという間に過ぎます。

  • 「臨床栄養ケアマネジメント実習」では、糖尿病食、高血圧食、脂質異常食、消化管術後食など病態に合わせた献立や調理形態を学びました。調理実習で見た目や味などが実際に分かるので、患者さんの立場になって「食」を考えるきっかけになりました。

  • 研究室で自主的にランチを手づくり。料理が好き、食べることが好きなゼミのメンバーが集まるから、食材やレシピの話題でいつも盛りあがります!

  • オリジナルレシピ「三番町娘のおにぎらず/和太鼓みたいな大根ステーキだドン/きんぴら」。千代田エコシステム(CES)「江戸野菜エコ・レシピ」コンテストで最優秀賞をいただきました。

  • ローズホールで友人とおしゃべり。学生食堂のランチタイムには日替わりメニューがあって楽しみです。放課後、お茶を飲みながら勉強の相談をすることも。

  • 学生の立場を踏まえて、いつも気さくに的確なアドバイスをしてくださる先生。国家試験対策や就職活動に向けて心強い存在です!

  • ●学科を選んだ理由:「食」と健康の深い結びつきを知り、栄養学を専門的に学びたかった。
  • ●学科の魅力:さまざまな実習が充実。机上では分からないことを発見できる。
  • ●目標&夢:病院管理栄養士になり、チーム医療の一員として患者さんを支えたい。

憧れの「栄養教諭」を “わたし”の将来像にして初志貫徹!

健康栄養学科 大窪 小鶴

学校給食をつくる「栄養教諭」をめざしています

小学生のころ、給食の温野菜とジャンボ餃子が大好きでした。そして憧れた学校栄養士の先生。メニューの感想やリクエストなど、たくさんお話しした交流が今も心に残っています。私も子どもたちに食の大切さ楽しさを伝え、健康維持の一役を担いたいと考え、栄養教諭をめざしています。

  • 国家試験合格に向けて朝7時から自主学習。同級生と同じ目標に向かって、互いに励まし教え合いながら勉強しています。

  • 豆腐や味噌などをつくる「応用食品学実験」、調味料や食品の形態変化を観察する「調理学実験」では、食の専門家に必要な科学的視点が身についたと感じます。

  • 3

    「ライフステージ別栄養学」で学ぶ離乳食のメニューサンプル。成長段階に合わせた食品の内容や調理形態などが一目でよく分かります。

  • 糖尿病いきいきレシピコンテスト(主催:公益財団法人日本糖尿病協会)に応募したオリジナルメニュー『野菜たっぷりめかじきとトマトライスのランチプレート ~ゆず胡椒の香り~』。油を使わずに焼くことで素材のうま味や香りを引き出せました。

  • 研究室ではオリジナルレシピの試作をすることも。みんなで試食するランチタイムが楽しみです!

  • 公務員試験と国家試験の両方トライすることに。先生から具体的な対策の助言や励ましをいただき、ブレない前向きな気持ちで取り組むことができました。

    • ●学科を選んだ理由:管理栄養士国家資格取得のための勉強ができる健康栄養学科を志望。
    • ●学科の魅力:少人数制で先生に相談しやすい環境がある。国家試験対策が充実。
    • ●目標&夢:小学校の栄養教諭になり、子どもたちに食の大切さや楽しさを伝えたい。

就業力を高めるプログラム

栄養教育実習(栄養教諭)

栄養教諭は、小学校などにおいて「食に関する指導」や「学校給食管理」を行い、正しい食生活を通して、子どもたちの健康な心と体をつくることをめざします。実習では、食に関するテーマを設定し、研究授業を行います。

臨地実習

給食、臨床、公衆栄養の3分野で実習を行います。管理栄養士が活躍する場での実習は、学内での学びを深め、体感できる貴重な機会です。実際に対象者へ栄養教育を行ったり、栄養情報提供のため媒体を作成したりします。

教員紹介

各教員の実績はこちらをご覧ください

氏名職位⓵専門分野/⓶好きな言葉
朝山 光太郎教授⓵応用栄養学、臨床栄養学、医学一般
⓶自分の存在が組織を活性化すると信じて頑張ること
海野 知紀教授

⓵基礎栄養学

⓶人生万事塞翁が馬、ピンチの時こそ、チャンス!

金澤 良枝教授

⓵臨床栄養学

⓶限りない前進と永遠の夢を!

酒井 治子教授⓵地域栄養教育学
⓶よりよき運命に出会うためのアンテナの感度を高める!
田中 弘之教授⓵栄養政策
⓶失敗は成功の元 失敗に臆することなく、成功への足がかりとして考えて、物事にチャレンジすること
馬場 修教授⓵栄養化学、ビタミン栄養
⓶定時定点定達
林 一也教授⓵応用食品学、食品衛生学
⓶存養省察 本来の心を失わずに、素質を伸ばすこと
原 光彦教授

⓵生活習慣病、アレルギー疾患、スポーツ医学

⓶一隅を照らす

松田 正己教授⓵公衆衛生
⓶燻し銀、まめで達者で明るく素直、物分り良く親切に
吉田 博幸教授⓵運動生理学
⓶迅速な行動
加藤 理津子准教授⓵栄養管理学
辻 雅子准教授⓵栄養教育、食環境改善
⓶七転び八起き
橋本 文子准教授⓵英語学
⓶天に星 地に花 人に愛
吉野 知子講師⓵給食経営管理、高齢者栄養管理
⓶好奇心を大切に、タフで誠実でありたいと思います

會退 友美

助教⓵公衆栄養、栄養教育
小野 かお里助教⓵調理学、調理科学
⓶一隅を照らす
城田 直子助教⓵臨床栄養管理学
⓶自分を信じる(学生にもこの言葉を送ります)
建路 七織助教⓵給食経営管理
⓶一日一日を大切に
山岸 美穂助教⓵調理学
⓶継続は力なり
綿貫 仁美助教⓵食品加工
⓶KVA

 

家政学院がもっとわかる!