東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

メールマガジン2月号とメールマガジン登録のご案内

2017/02/04

東京家政学院大学では2月4日に大学メールマガジン2月号を配信いたしました。
メールマガジンは①学長メッセージ②オープンキャンパス、イベント、講座などのご案内③家政学院最新ニュース④家政学院活動報告をお知らせしています。東京家政学院大学の様々な情報をまとめて知ることができるメールマガジンです。是非、ご登録ください。
<※下記には東京家政学院大学メールマガジン2月号(内容は2月4日現在のものです)を掲載していますので、ご覧ください>

 

★メールマガジン登録フォーム★

https://w2.axol.jp/entry16/kasei-gakuin/step1?f=1
※既にお申し込みされている方でメールマガジンが届いていない方はnyushi@kasei-gakuin.ac.jpまでお問い合わせください。

 

 

☆東京家政学院大学メールマガジン☆<2017.2.4>

 

東京家政学院大学メールマガジンにお申し込みのみなさまにメールマガジン2017年2月号をお送りします。
今月は『2月に出願可能な入試特集』です。

===============================================
2017年2月号 C O N T E N T S (目次)
☆廣江彰学長からみなさまへ
☆2月に出願可能な入試特集
☆家政学院活動報告
===============================================
☆廣江彰学長からみなさまへ

やさしく、強い、わたしになる

 映画” The Lord of the Rings”を観たとき、私は「自分を捨
てる旅」に共感を持った半面、大きな違和感を拭えません
でした。正義は美しく、醜いものは悪、という単純な世界
観がそこにあるからです。そうではない世界観、宮崎駿の
「もののけ姫」を挙げれば分かり易いかも知れません。
 自分とはどこか異なるものを、当然のように「拒絶」す
る。その構図が、わたしたちを取り囲みつつあります。
 メリル・ストリープが先月、こんなスピーチをしました。
It was that moment when the person asking to sit in the
most respected seat in our country imitated a disabled
reporter. もちろん、これは彼女のスピーチの一部。
 みなさんは、どうか自分をやさしく保ち、自分とは異な
る他者を受け止められる「強さ」にこだわって下さい。

===============================================

 

★続きは是非、ご登録をしてご覧ください
戻る