東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

メールマガジン3月号とメールマガジン登録のご案内

2017/03/03

東京家政学院大学では3月2日に大学メールマガジン3月号を配信いたしました。
メールマガジンは①学長メッセージ②オープンキャンパス、イベント、講座などのご案内③家政学院最新ニュース④家政学院活動報告をお知らせしています。東京家政学院大学の様々な情報をまとめて知ることができるメールマガジンです。是非、ご登録ください。
<※下記には東京家政学院大学メールマガジン3月号(内容は3月2日現在のものです)を掲載していますので、ご覧ください>

 

★メールマガジン登録フォーム★

https://w2.axol.jp/entry16/kasei-gakuin/step1?f=1
※既にお申し込みされている方でメールマガジンが届いていない方はnyushi@kasei-gakuin.ac.jpまでお問い合わせください。

 

 

☆東京家政学院大学メールマガジン☆<2017.3.2>

東京家政学院大学メールマガジンにお申し込みのみなさまにメールマガジン2017年3月号をお送りします。
今月は『2018年4月、2学部5学科の新体制でスタートします』です。

===============================================
2017年3月号 C O N T E N T S (目次)
☆廣江彰学長からみなさまへ
☆これから出願可能な入試特集(今年度最後の入試!)
☆2018年4月、2学部5学科の新体制でスタートします
☆家政学院活動報告
===============================================
☆廣江彰学長からみなさまへ

「やりたい」をやる、大学はその実行力をつける道場

東国原英夫氏(そのまんま東)が宮崎県知事だった頃、
シンポジウム打ち合わせで、私にこんなこと言いました。
 「県庁の人は頭が良くてね。何か提案すると、百の出来
ない理由が直ぐに返って来る」
 「県庁の人」はともかく、そんなこと身の回りでも結構
ありそう。振り返って、自分でも、がありませんか?
 「出来ない理由」、探すの簡単ですね。でも、それは結局
のところ、「やらない」ための理由探し、かも。
 でなくて、「やる」ための理由、可能性を見つける方が楽
しいのでは。どうしたら「やれるか?」を極めることです。

 「やる」ためには「力」が必要。大学とは、みなさんが
「やりたい」ことをやるための、実行力をつける道場です。

===============================================

 

★続きは是非、ご登録をしてご覧ください
戻る