東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

【児童学科】第2回森のようちえん活動報告「参加者が増えて、賑やかな森のようちえん」

2017/05/16

5月では珍しい大雨になりました。春から入ってきた4歳児のみんながびっくりしないように、今日は大学のデザイン演習室でキーホルダー作りをしました。丸く切った銀杏の木とエゴノキを使って思い思いのキーホルダー作りです。銀杏とエゴノキは木肌がつるつるで工作するにはうってつけです。ボンドでなんでもくっつけたり、顔やハートをデザインしたりする子ども、翌日にせまった母の日のプレゼントを作る子どももいました。できあがりは結構まとまっていて大学生のお姉さんたちもびっくりです。大学の教室にとっても興味があったのか、制作中も大学生の作品に気をとられ、なかなか進みませんでした。今日は17名の参加者でした。17名いると本当に賑やかです。大学生の授業中の賑やかさとはまたひと味違った賑やかさでした。クラフトの後はアイスクリーム作りです。もう何回も経験している子ども、そして初めての経験にびっくりする子どもと、経験することの素晴らしさを大学生が学んだ一時でした。今回はとってもうまくできておいしさも格別でした。今度アイスクリームを作る時はチョコやストロベリーに挑戦しましょう。
もうそろそろ森には蚊がでる季節です。次回は蚊との戦いから始まるのかな?

 

 

森のようちえんについて(過去の「森のようちえん活動報告」もご覧いただけます)

戻る