東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

【随時更新】2017年度海外研修だより(8/31更新)

2017/08/31

8月25日(金)〜8月31日(木)の日程で、本学学生と引率教員が海外研修(異文化理解)のため出発しました。今回の異文化理解はスウェーデンで研修を行います。ここでは、引率教員から届く研修だよりをご紹介します。

 

【8月31日(木)】(8月31日追記)

海外研修最終日報告

 

午前9時過ぎに本研修一行の航空機が成田に到着しました。通関を済ませ全員元気に到着ロビーに現れました。みんな口々に「楽しかった」と言い、充実した研修であったことがうかがえました。簡単なミーティングの後、学生たちから引率の先生、添乗員、JTB担当者の皆さんにお礼のメッセージが手渡されました。その後、全員帰途につきました。
今回の研修が学生の皆さんの糧になることを願ってやみません。

 

 

【8月29日(火)】(8月30日追記)

森の幼稚園、高齢者施設訪問

 

訪ねた森の幼稚園は、広い森の中で幼児を遊ばせながら自然教育をしていくものでした。しかもそれだけではなく、子供たちが集めた野生のベリーを自分たちでジャムにし、一般に向けて販売して、その利潤の計算も子供たちがして、得られた利潤は社会での幼児教育の充実のために使われるそうです。その旨を実際に森の中で伺い、その後子供たちと鬼ごっこを楽しみました。本当に楽しかったのですが、写真を撮ることが許されず、私たちの楽しんだ様子をお見せする事が出来ません。
高齢者施設では健康的であるのはもちろん、意外に美味しいランチをいただきました。おそらく栄養の専門家が作っているようです。
それから自由研修を挟んで、市の中心部のレストランでの最後の晩餐会をしました。
今日はそうきつくない予定のはずだったのですが、終わってみると10キロ近く歩いていました。

 

 

【8月28日(月)】(8月29日追記)

スウエーデンの福祉についてのレクチャー、ストックホルム大学学生との交流

 

午前はスウエーデンの高齢者福祉について、その分野の企業の社長の方から、全体的なお話を伺いました。非常に高度な内容がきれいに整理されていたため、皆最初から最後まで真剣にノートを取っていました。スウェーデンに関することが主でしたが、日本が学ぶことは多いように思われました。この講義はこの研修に参加していたからこそ受けることができました。
午後は8時までストックホルム大学の学生たちと過ごしました。班別行動でまず大学を案内していただきました。日本語の授業を受けている人たちでしたので、人によってはとても上手でした。我々17人に30人ほどついて下さいました。大学は万単位の学生が学ぶこともあって、巨大な建物群がそれだけでひとつのコミュニティを作っているようでした。見学に2時間ほどかけて頂きました。
次はもうお馴染みの旧市街を案内していただきました。お店は数が多いので、班ごとに行く所は違っていたようです。
最後は場所をお借りして皆んなでパーティーをしました。自分たち手作りのグラタンやサラダ、現地のチーズなど、意外と美味しいものができました。簡単なゲームもしました。この午後いっぱいの交流を通して、外国人と仲良くすることもできれば、英語で話すことも出来る、という事を知りました。

 

 

【8月27日(日)】(8月29日追記)

森の葬祭場、蚤の市、ストックホルム市立図書館、ノルディックミュージアム、旧市街自由行動

森の葬祭場は、建物自体というよりは、敷地全体にその素晴らしさがあるように思われました。広い敷地が、元々の豊かな自然を活かして墓地となっています。まさに森の中にお墓が並んでいます。歩く距離が長くて大変でしたが、爽やかな気分になれました。次は、元々の予定には無かったのですが、蚤の市を訪ねました。食器類や雑貨が主に売りに出されていました。私達も頑張って値切って買ってみました。午後は建物が素晴らしい市立図書館を訪れました。これは森の葬祭場と同じ建築家によるものです。ノルディックミュージアムも圧倒的な建物で、その中には意外と地味にスウェーデンの歴史的、民俗学的な様々な物が展示されていました。次に、昨日ゆっくりできなかつた旧市街を自由行動しました。最後は旧市街でのリッチなディナーでした。歩くのが長時間で大変でしたが、ストックホルムの見どころが広範囲にわたる事を知りました。
 

 

 

【8月26日(土)】(8月29日追記)

市庁舎、ドルットホルム宮殿見学、旧市街ガムラスタン歩き、現地で活躍する日本人女性との’fika’お茶会

 

毎年ノーベル賞授賞式が行われるストックホルム市庁舎は、この町への観光客が必ず行くところで、午前の早い時間帯でもとても混んでいました。写真のように壮大な煉瓦建築で見る人を圧倒します。そこから船で1時間ほどでドルットホルム宮殿です。奇跡的な青空の下、17世紀以来の王宮はまさに驚きの連続でした。建物はもちろん、各部屋の絵画や庭園の美しさはヨーロッパ全体の歴史を示していました。午後はヨーロッパ的な美味しい肉料理のランチのあと、絵に描いたような歴史的町並みの細道を散策しました。しかし、今日一番印象的だったのは最後のこの細道のカフェで行われた現地で活躍する日本人女性3人とのお茶会でした。日本とスウェーデンとの社会的ないいところと良くないところ、日本人が海外で働くことなどについて、生の声を聞くことができました。現在の社会について、自分の将来について、本格的に考えさせられました。長い1日の最後は滞在ホテルでの現地食のディナーでした。

 

 

 

【8月25日(金)】(8月27日追記)

成田空港を午前11時に出発、ヘルシンキ乗換えで、現地時間18時40分にストックホルムに予定通りに到着しました。全員元気です。写真はホテルに入ったところで撮りました。お互い知らない​どうし​の人達が、スマホの使い方を教えあってあっという間に旧知のごとくになってしまいました。ホテルがショッピングモールに直結しているので、早速スーパーマーケットを皆で訪ねました。こちらでは商品はもちろんショッピングカートまでサイズが大きく、面白い経験になりました。東京では気温34度だったのがこちらでは15度です。ですが寒いというよりは爽やかな感じです。明日から本格的にストックホルム研修になります。

戻る