東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

【お知らせ】メールマガジン5月号とメールマガジン登録のご案内

2018/05/07

東京家政学院大学では5月2日に大学メールマガジ5月号を配信いたしました。
メールマガジンは①学長メッセージ②オープンキャンパス、イベント、講座などのご案内③家政学院最新ニュース④家政学院活動報告をお知らせしています。東京家政学院大学の様々な情報をまとめて知ることができるメールマガジンです。是非、ご登録ください。
<※下記には東京家政学院大学メールマガジン5月号(内容は5月2日現在のものです)を掲載していますので、ご覧ください>

 

★メールマガジン登録フォーム★

https://w2.axol.jp/entry/kasei-gakuin/step1?f=1

※既にお申し込みされている方でメールマガジンが届いていない方はnyushi@kasei-gakuin.ac.jpまでお問い合わせください。

 

 

☆東京家政学院大学メールマガジン☆<2018.5.2>

 

東京家政学院大学メールマガジンにお申し込みの皆さまにメールマガジン2018年5月号をお送りします。
今月は『5/12(千代田三番町)・5/13(町田)オープンキャンパス開催』です。
===============================================
2018年5月号 C O N T E N T S (目次)
☆廣江彰学長からみなさまへ
☆5/12(千代田三番町)・5/13(町田)オープンキャンパス開催
☆東京家政学院大学活動報告
===============================================
☆廣江彰学長からみなさまへ

「食べる」を噛みしめ、人間と「食」のあり方を極める
 
 本学人間栄養学部、金澤良枝教授監修の『痛風・高尿酸』
が中国語に翻訳、台湾で刊行されました。教授の専門は臨
床栄養学、生活習慣病研究で学会の高い評価を得ています。
 「食」は人間にとって生命と文化の基本、のはずですが、
逆に「食」が生命と文化を脅かすことも。
 ベトナムで初めて私立大学タン・ロン大学を創設したヒ
ュン・ムイ博士の取り組みのひとつが、ベトナムのみなら
ずアジアで急増している生活習慣病患者への対応。病院で
の治療を待つために、地方からの移住者集落もあるほど。
 現に患者がいる以上、治療はもちろん必須。他方で金澤
教授の研究は病気の予防・治療に寄与します。「食」は生命
と文化の基本。人類の進化を後退させないためにも、「食」
を通じた健康の役割は大。本学では、「食」を極めます。

===============================================

 

★続きは是非、ご登録をしてご覧ください★
★メールマガジン登録フォームはこちらを★

戻る