東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

附属図書館のラーニングコモンズについて

2015/02/17

本学附属図書館では平成26年度私立大学等教育研究活性化設備整備事業補助金を活用し、新たに町田キャンパスの大江記念図書館にラーニングコモンズを設置する計画を進めていました。

その結果、1月に文部科学省から交付決定の通知があり、これを受け2月中旬から改装工事を伴う整備が始まっています。
ラーニングコモンズとは、利用者が図書館を通じて得られる様々な情報資源を活用して主体的に学習を進めていくスタイル-アクティブラーニング-を実現できる「場」のことです。
本学では建学の精神(KVA精神)をふまえ、学生一人ひとりと丁寧に向き合い、「卒業成長値」を高める教育を目指していますが、今回はそうした本学ならではのラーニングコモンズを設置します。

具体的には1階に
①グループワーク・スペース(利用者が相互に刺激しあい学修意欲を高める)、
②ラーニングサポートスペース(学生の個性や個々の状況に応じた学修支援を行う)、
③コモンギャラリー(学内外の関係者との交流を支援する)、そして
④ディスカバリー・スペース(学術雑誌などの最新情報源からの発見を目指す)の4つエリアを設け、
それぞれの教育効果がリンクすることで「卒業成長値」を高めることを狙いとしています。
 
現在、3月末日の完成、4月のリニューアルオープンを目指し作業が進められています。
 
 ra-ninngu3
戻る