東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

「第8回EDO ART EXPO」開催!今年も協賛しています(10月13日まで)

2015/10/22

10月13日(火)まで「第8回EDO ART EXPO」が開催されています。
 
EDO ART EXPOはNPO法人東京中央ネットが主催し、江戸をテーマに伝統技術や歴史、美意識などに関わる展示を、千代田区、港区、墨田区、中央区の名店、企業、 ホテルや文化・観光施設など、既存の建物をパビリオンに見立てて開催されます。会期中は、様々なイベント、専門的なワークショップ、名店、企業による各種 ラリー、店舗フェアなど数多くのプログラムを行い、東京の観光都市としての賑わいを創出し、地域の活性化に寄与することを目的としています。
http://www.tokyochuo.net/edoartexpo/index.html

本学では学部の一部が千代田三番町にキャンパス移転した平成23(2011)年から地域・産学連携活動の一環として取り組みを開始しました。今年度は以下の取り組みを行います。

 

展示展開

メインテーマ「江戸の美意識 ~錦絵誕生250年を記念して~」

「浮世絵展示会場」では名店、企業、ホテル、神社仏閣などがパブリオン(会場)となり浮世絵を展示します。メインテーマ「江戸の美意識」に係る所蔵作品を有する美術館、博物館、大学などの「関連展示会場」と連携し、来場者が各会場を回遊し鑑賞する仕組みをつくります。また、一部の会場では、EDO ART EXPOの開催を記念して期間限定で貴重なコレクションを公開しています。

 

○EDO ART EXPO開催記念 企画展

・実用プラス美しさ 江戸の袋物【東京家政学院大学 展示期間 10/1~10/13】

 

<同時開催>「第4回 東京都の児童・生徒による”江戸の”書道展」

「江戸から連想する言葉」「世界の国々を漢字で書く」の題材で、東京都の児童・生徒から公募した書道の中から「EDO ART EXPO賞」「相田みつを館長賞」をはじめ各企業賞(賞品)の入選作品を展示します。

 

○関連企画イベント

東京家政学院大学 千代田三番町キャンパス

「木目込人形作り体験教室」

 

 

○スタンプラリー版浮世絵ラリー<参加費無料>

4つのパビリオン(会場)を巡り4種類(紫、黄、赤、黒)のスタンプを押して、歌麿の「ビードロを吹く娘」を完成させると商品の挑戦に応募できます。さらに、ダブルチャンスとして完成者に先着順で参加賞を差し上げます。本学の千代田三番町キャンパスもスタンプ版浮世絵ラリー会場のです。

 

上記のように、多様な連携を図り、地元企業、地域等に貢献するとともに学生、生徒の卒業成長値を高める機会としています。

戻る