東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

【学長メッセージ】新成人のみなさん、ご家族のみなさん

2016/01/11

成人式を本日迎えるみなさん、ご家族、関係者のみなさん、成人おめでとうございます。

 

成人式はイベントに過ぎず、また一日で「こども」が「おとな」に変身する訳でもない、と言ってしまえば身も蓋もありませんが、通過儀礼としての大きな役割は与えられています。

この通過儀礼、常識では「こども」から「おとな」へ、また「自立」への第一歩、を意味します。

 

しかし、伝えたいのは、成人を機に「こども」になりなさいという逆のことです。

みなさんを間近にみていると、成長するに伴い、過去の時代に大切なことを置き忘れている、という思いが私の中で広がってくるからです。

 

置き忘れたこと。それを象徴するのは「どうして?」、という問いです。

未知への憧れや新鮮な驚き、分からないことへの問いの繰り返し。私たちの誰もが持っていたあの時の単純で大事な行為を、私たちはいつか、何故か、「過去」に置き忘れてきてしまっています。

成人式は、「過去」に置き忘れた大切なことを取りに帰る機会、も良いかもしれません。借りて来た言葉ではあるのですが、成人をお祝いしてみなさんに贈ります。

 

おとなの身体をしたこどもではなく、こどもの心を持ったおとなになれ。

 

 

2016年1月11日、成人の日に

東京家政学院大学学長  廣江 彰

戻る