東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

【報告】釜山女子大学校との文化交流プログラム「本学から釜山女子大学校へ行ってきました!」

2016/01/21

釜山女子大学校との文化交流プログラム

◇本学から釜山女子大学校へ行ってきました!◇


釜山女子大学校との文化交流プログラムは本学学生が釜山女子大学校の大学祭で日本文化を紹介し、釜山女子大学校の学生が本学大学祭で韓国文化を紹介するもので、第一回目です。


現代家政学科3年生3名と教員2名が2015年10月21日(水)~23日(金)の日程で、韓国・釜山広域市にある釜山女子大学校を訪問しました。

 

1 (1)釜山女子大学校はとても眺めの良い丘の上にある女子大です。敷地が広く、茶道のための建物や保育園もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

2 (1)訪問団は、釜山女子大学校の大学祭で「日本文化交流プログラム COOL TOKYO!」を開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

3 (1)本学、女子大学生としての自分たちの一日、日本のお菓子について、パワーポイントを使っての紹介に参加した方は熱心に耳を傾けて下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

2 (1)クイズでは、会場が一体となって盛り上がりました。最後に日本のお菓子をおひとりずつに配り、とても喜んで頂けました。会場の雰囲気は終始楽しく、にぎやかで、最後に「ありがとう」という言葉を頂きました。

 

 

 

 

 

 

5 (1)プレゼンテーションの合間には仲良くなった釜山女子大学校の学生さんと連絡先を交換しました。「これからもヨロシクね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

6 (1)釜山女子大学校の総長先生にご挨拶をしました。帰る時には覚えたての韓国語で感謝の気持ちを伝え、「感動した」と言って頂きました。
 

 

 

 

 

 

 

7 (1)イベントの後には釜山市内を見学しました。案内役は、2015年の8月まで本学に短期交換留学をしていた学生さんです。


街を歩く中で、日本と似ているところ、似ていないところの発見がとても新鮮でした。

 

 

 

 

 

以下は、今回の参加学生の感想です。

 

・日本人と韓国人の大学生の授業に対する姿勢や考え方の違いを肌で感じることが出来ました。日本人は授業で先生の問いかけにすぐ答える人はほとんどいませんが、釜山女子大学校の学生の皆さんは、私達のプレゼンテーションにも大きな声で反応してくれました。発表がとても楽しかったです。

・現地の学生さんと直接コミュニケーションを取ることができたとても良い機会でした。今回の機会は自分にとってもとても大きい経験でした。

・日本でずっと生活していると当たり前の習慣が韓国では当たり前でなかったり、考え方も異なっていたりと文化の違いを感じました。しかし、その違いを分かち合って、理解していく中で、生まれる絆や交流する楽しさを学びました。

 

【報告】釜山女子大学校との文化交流プログラム「釜山女子大学校から本学に訪問団がいらっしゃいました!」

釜山女子大学校との文化交流プログラム壮行会開催報告

も合わせてご覧ください。

戻る