東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

【健康栄養学科】地場産介護食品等の商品開発・普及支援活動(福島県 JA伊達みらい)「栄養いっぱいの地産地消お弁当の試食会を行いました」

2016/02/27

んめ~べ弁当 リーフレット本学 健康栄養学科 酒井治子 准教授は農林水産省の平成27年度医福食農連携推進環境整備事業の一つとしてJC総研が受託する事業(地場産介護食品等の商品開発・普及支援事業)に関わっています。

健康栄養学科3年生4名が「栄養教育実習Ⅱ」授業の一環として、2月19・20日にJA伊達みらい みらい百彩館「んめ~べ」でのイベントに参加しました。

これは高齢者の介護者を対象にした農産物直売所での講座(介護食や教材も作成)を、各クラスで班ごとに提案したもので、農産物直売所の店舗から選ばれた介護食のお弁当の試作と試食会と、その評価アンケートなどを行いました。実際に、地場産物を使い、噛みやすい、飲み込みやすさを考えたメニューを50食分調理しただけでなく、高齢者のお客さんに面接調査をさせていただき、お弁当の評価と共に、食事で困っていること、直売所で実施して欲しい食育やお弁当等の食事の提供への要望をお聞きすることができました。

 

 

(感想)

学生たちが考案した献立をお客さま方はもちろんのこと、んめ~べのスタッフの方に気に入っていただくことができ、『実際にんめ~べでの惣菜に取り入れたい』と言ってくださいました。自分たちの考えたことが社会で役立つことの喜びを実感することができました。

 

○日時

平成28年2月19日(金)12:30~16:00

平成28年2月20日(土)9:00~12:00

 

○場所

JA伊達みらい農産物直売所 みらい百彩館「んめ~べ」

住所:福島県伊達市雪車町19

 

○内容

①製造部門と合同の介護食品開発に関する学習会

②店頭での高齢者向けお弁当の試作とレシピ紹介

③ニーズ把握のためのアンケート調査

 

んめ~べ弁当リーフレット(PDF形式0.6MB)

DSCN0392 DSCN0450 DSCN0455

戻る