東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

【児童学科】こども環境研究会関東第1回研究セミナーで土井美輪(4年)が研究発表「わが国の森のようちえんにおける就学前教育」で卒業研究論文(指導教授:中田範子)として取り組んだものを発表しました

2016/03/01

IMG_35922月27日(土)大妻女子大学で開催された「こども環境研究会関東第1回研究セミナー」で児童学科4年の土井美輪さんが研究発表をしました。タイトルは「わが国の森の幼稚園のおける就学前教育」で卒業研究論文(指導教授:中田範子)として取り組んだものを発表しました。今回は生活デザイン学科の小池孝子先生が実行委員をされており、生活デザイン学科と児童学科の両方の関連分野の研究会でした。

 

※こども環境研究会関東:こどもを取り巻く環境について関心がある研究者や実践者が集い、研究や活動を発表することで、学際的な相互の知的交流を図ることを目的に設立

 

 

 

 

IMG_3588土井美輪(児童学科4年)

はじめ先生から声をかけていただいたときは、嬉しい反面、自分にこのような大役が務まるのかどうか不安な気持ちがありました。しかし、先生や両親、友人に相談やアドバイスをもらい、支えていただきながら、約1年間研究してきたことをこの研究会で誇りを持って発表することができました。研究会では、様々な分野の専門家の方々がいらっしゃっていました。そのため、今まで気づけなかった子どもの姿を発見することができ、また、現在明るみになってきた「子どもの貧困」について知ることができました。様々な専門家の発表を聞き、刺激を受け、さらに子どもについて興味を持ちました。このような、素晴らしい場に参加できたことを大変嬉しく思います。

 

戻る