東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

メールマガジン5月号とメールマガジン登録のご案内

2016/05/06

東京家政学院大学では5月2日に大学メールマガジン5月号を配信いたしました。

メールマガジンは①学長メッセージ②入試について③イベント、講座など④大学活動報告をお知らせしています。東京家政学院大学の様々な情報をまとめて知ることができるメールマガジンです。是非、ご登録ください。

<※下記には東京家政学院大学メールマガジン5月号(内容は5月2日現在のものです)を掲載していますので、ご覧ください>

★メールマガジン登録フォーム★

https://w2.axol.jp/entry16/kasei-gakuin/step1?f=1

※既にお申し込みされている方でメールマガジンが届いていない方はnyushi@kasei-gakuin.ac.jpまでお問い合わせください。

 

 

☆東京家政学院大学メールマガジン☆<2016.5.2>
〇○ ○○さま

東京家政学院大学メールマガジンにお申し込みのみなさまにメールマガジン2016年5月号をお送りします。
今月は『オープンキャンパス始動!』です。

===============================================
2016年5月号 C O N T E N T S (目次)
☆廣江彰学長からみなさまへ
☆オープンキャンパス、イベント、講座などのご案内
☆家政学院最新ニュース
☆家政学院活動報告
===============================================
☆廣江彰学長からみなさまへ

「名を奪われると、帰り道が分からなくなるんだよ」
ハクのセリフ、宮崎アニメ『千と千尋の神隠し』です。
「名を奪われ」、しかも自分の身体さえ消えかける。
自分という存在を自ら守ること、千尋は余儀なくされます。

スーザン・J・ネイピアが著作の中で評した千尋、
宮崎アニメの中では最も弱いキャラクターとして登場し、
「逆説的に」最強のキャラクターになる、でした。

「千」が千尋を取り戻すのは、湯屋での「献身」と「共感」。

春の終わりに気付き始める、不安と確信の間での心の揺れ。
あなたの「帰り道」が分からなくなったのかも知れません。
5月は若いみなさんが「帰り道」、つまり「自分という存在」
を創っていく季節。もちろん、最強の自分を目指して。

===============================================

 

戻る