東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

メールマガジン7月号とメールマガジン登録のご案内

2016/07/05

東京家政学院大学では7月1日に大学メールマガジン7月号を配信いたしました。

メールマガジンは①学長メッセージ②入試について③イベント、講座など④大学活動報告をお知らせしています。東京家政学院大学の様々な情報をまとめて知ることができるメールマガジンです。是非、ご登録ください。

<※下記には東京家政学院大学メールマガジン7月号(内容は7月1日現在のものです)を掲載していますので、ご覧ください>

 

★メールマガジン登録フォーム★

https://w2.axol.jp/entry16/kasei-gakuin/step1?f=1

※既にお申し込みされている方でメールマガジンが届いていない方はnyushi@kasei-gakuin.ac.jpまでお問い合わせください。

 

 

 

☆東京家政学院大学メールマガジン☆<2016.7.1>
 〇○ ○○さま

東京家政学院大学メールマガジンにお申し込みのみなさまにメールマガジン2016年7月号をお送りします。
今月は『本学学生4名がフランスのグルノーブル屋外短編映画祭へ』です。

===============================================
2016年7月号 C O N T E N T S (目次)
☆廣江彰学長からみなさまへ
☆オープンキャンパス、イベント、講座などのご案内
☆家政学院最新ニュース
☆家政学院活動報告
===============================================
☆廣江彰学長からみなさまへ

6月23日に行われたイギリスのEU離脱を問う国民投票
(United Kingdom European Union membership referendum)。
僅差で「離脱」が選択されました。
イギリスと私たちが呼ぶ国、United Kingdom of Great
Britain and Northern Irelandの複雑な構造を私たちは知り
ました。通貨下落などその後の混乱の中で、「こんな筈で
はなかった」という離脱派の困惑も聞こえます。

離脱派の声からは、近年各国に蔓延するひとつの共通意識、
「誰かが変えてくれる」という「期待感」が浮かびます。

蒸し暑い最中、スーツ姿で将来への入口を模索している就
活生のみなさん。ギリギリの努力を続けなさい。もう一歩
の努力が、必ずあなたを助けます。
状況を変えるのは、「誰か」ではなく、あなた自身です。

===============================================
戻る