東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

資料請求・お問い合わせ
東京家政学院大学YouTube公式チャンネル
現代生活学部 児童学科(町田キャンパス)Department of Child Studies

授業紹介

こんな学びがあります

児童臨床実習

  「児童臨床実習」は児童学科の特色ある授業の一つです。このうち、子育て支援グループ「ぽかぽかひろば」は、0歳から3歳の乳幼児とその家族を対象とした親子参加型の「子育てひろば」活動で、親も子も学生も、参加者全員が「共に育ちあう」子育てを大切に、親と子がほっとできる「居場所」づくりをめざしています。学内のプレイルームで一人ひとりの子どもたちの成長や個性を大切に、保護者の思いに寄り添いながら、1年を通して子どもの成長を共に見守り、援助し、子育て支援のあり方について実践的に学びます。

乳児保育

  乳児の発達や一日の生活の流れ、食事、排泄などの具体的な援助やかかわりについて学びます。1年次から保育所に足を運び、乳児と保育者の実際の姿を見る体験を通して、保育者の役割に気づき、理解を深め、さらにその環境や遊びについても考えていきます。

子どもと表現

子どもの感性、表現する意欲、創造性を豊かに育むための保育の内容と方法について体験的に学びます。乳幼児の表現の意味を理解し、育ちの見通しを持った援助に結びつけていきます。

 

造形表現基礎(幼稚園教諭養成課程)

多様な造形体験を通して、子どもが造形文化に親しみ、美しい生活をつくる態度や感性を育む意味を考えます。材料や用具の基礎的な知識や技能だけでなく、表現する喜びを実感します。

 

音楽科教育法(小学校教諭養成課程)

小学校音楽科の目標や内容を理解し、指導計画、指導・評価方法を実践に則して学びます。歌唱・器楽・音楽づくり及び鑑賞の模擬授業を通し、音楽することの喜びを実感してください。

 

発達障害の理解と支援(特別支援学校教諭養成課程)

自閉症や学習障害などの発達障害のある子どもの教育や、個に応じた適切な指導と必要な支援について、事例を基に実践的に学びます。

 

 

先輩の履修モデル

自分の目標や、興味のある分野によって、多彩な授業を組み合わせることができます。
先輩の履修モデルを少しだけご紹介いたします。

実習で保育の現場を複数経験し、保育士の道へ

K・Y 埼玉県/朝霞西高等学校出身

内気だった私が幼稚園で楽しく過ごせたのは、担任の先生が適切にサポートしてくれたから。私もそんな先生になりたくてこの学科に進みました。1年次の「保育表現技術」は発声練習に始まり、最後はグループごとに劇を行います。人前での表現方法を学ぶのですが、3、4年次の実習で子どもたちを前にして、この授業の大切さを実感しました。幼稚園と保育園どちらの現場も体験し、自分は保育士として子ども一人ひとりにかかわりたいと思うように。子どもの将来に良い影響を与えられる保育士になりたいと思います。

  • グループで行った劇

  • 授業でつくったペープサート

3年次前期の時間割

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 児童とことば   教育方法・技術論 保育方法論    
2 小児保健演習 子ども家庭支援
の心理学
小児保健演習      
3 Basic English1 障がい児保育   児童学研究ゼミA    
4 教育原理 対人関係の発達 保育実習指導I   子どもの理解と援助  
5 音楽科教育   初等教育実習指導      

 

先輩の履修モデル(令和元年度)

子どもの記憶に残るような優しい存在になりたい

S・S 東京都/東京家政学院高等学校出身

保育士と幼稚園教諭の資格取得が目標です。どちらも子どもの成長を通じて自分も幸せになれる仕事だと思います。初めての保育園見学でもその思いを再認識し、また今までの知識をこの目で確認でき勉強になりました。私が幼稚園に通っていた頃、子どもたちみんなに優しく大好きだった先生との毎日は大切な思い出です。ピアノや歌の技術も磨きながら、そんな記憶に残るような先生にいつかなれたらと思います。

  • 大好きなピアノの授業の教科書

  • 大学にはピアノの練習場所も整っています

1年次後期の時間割

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 体育講義 社会福祉 コンピュータ演習b 乳児保育Ⅰ 生活科教育  
2   教育原理 環境と資源 乳児保育Ⅱ 国語科教育  
3 体育実技 児童文化 Listening&Speaking2   児童と音楽A  
4 体育実技 児童心理学 Communication English2      
5 教育心理学          

※旧カリキュラムの時間割です。

めざす未来は地域の子育てに貢献できる保育士

A・M 神奈川県/元石川高等学校出身

保育士は中学の頃からの夢。この大学は自然を通じて子どもの視点を体験する保育の授業、実習先が幅広い教育実習など実習や研修の機会が多く嬉しいです。色々な志望先の友人と学ぶ授業、保育アルバイトなどで常に刺激を受けています。将来の夢は子育てに悩む母親が楽になれる仕組みづくりを始め地域に貢献する保育士。精一杯勉強して地域に受け入れられる門戸の広い保育所を建てたいです。

  • 保育ボランティアのユニフォーム

  • KVA祭(大学祭)での様子

3年次後期の時間割

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1     家庭支援論 相談援助 障がい児保育  
2     発達臨床心理学 相談援助    
3     健康スポーツ演習b 卒業研究基礎ゼミ    
4     保育実習指導Ⅰ      
5            

※旧カリキュラムの時間割です。 ※上記のほかに学外実習があります。

 

授業Pick up!

特別支援教育総論

特別支援教育総論では、幼稚園、小学校、特別支援学校に在籍する肢体不自由、知的障害、発達障害などのある子どものさまざまな障害の状況の理解と、教育課程や教材教具を活用した指導法について学びます。

保育内容演習環境A,B

町田キャンパスの豊かな自然環境を活かした授業を行っています。例えば、この写真は木の幹に聴診器を当てて音を聴いています。このような直接体験を通して子どもを取り巻く環境や子どもと環境の関係性について学びます。

体育科教育法

体育科教育法は学年、種目、単元を選んで45分間の指導案を立て、生徒役を演じる児童学科の学生を相手に授業を展開していきます。

児童臨床実習BⅡ

一年間の活動の保育内容や環境構成を学生が主体的に企画・運営し、保育者として必要な専門性とチームワークを実践的に学びます。

 

 

家政学院がもっとわかる!