東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

現代生活学部 児童学科(町田キャンパス)Department of Child Studies

授業紹介

こんな学びがあります

乳児保育

  乳児の発達や一日の生活の流れ、食事、排泄などの具体的な援助やかかわりについて学びます。1年次から保育所に足を運び、乳児と保育者の実際の姿を見る体験を通して、保育者の役割に気づき、理解を深め、さらにその環境や遊びについても考えていきます。

子どもと環境

子どもにとっての環境の大切さについて、実践を通して学ぶ授業です。学生が自ら大学内の豊かな自然環境の中で感じることを題材にし、発見を楽しめる保育内容について考えます。

 

初等教育実習指導

幼稚園・小学校教諭をめざす教育実習に向け、教育現場に関する知識や指導力を準備します。今求められる教育や教師の姿を理解しながら、自分の未来像を具体的に描いていく授業です。

 

知的障害者の教育

特別支援学校教諭の免許取得に対応する授業です。知的障害児の障害に応じた「分かる授業」を行い、豊かな表現力を高めるため、教材・教具の工夫や授業案の作成について学びます。

 

 

先輩の履修モデル

自分の目標や、興味のある分野によって、多彩な授業を組み合わせることができます。
先輩の履修モデルを少しだけご紹介いたします。

子どもの記憶に残るような優しい存在になりたい

染野 さんご 東京都/東京家政学院高等学校出身

保育士と幼稚園教諭の資格取得が目標です。どちらも子どもの成長を通じて自分も幸せになれる仕事だと思います。初めての保育園見学でもその思いを再認識し、また今までの知識をこの目で確認でき勉強になりました。私が幼稚園に通っていた頃、子どもたちみんなに優しく大好きだった先生との毎日は大切な思い出です。ピアノや歌の技術も磨きながら、そんな記憶に残るような先生にいつかなれたらと思います。

  • 大好きなピアノの授業の教科書

  • 大学にはピアノの練習場所も整っています

1年次後期の時間割

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 体育講義 社会福祉 コンピュータ演習b 乳児保育Ⅰ 生活科教育  
2   教育原理 環境と資源 乳児保育Ⅱ 国語科教育  
3 体育実技 児童文化 Listening&Speaking2   児童と音楽A  
4 体育実技 児童心理学 Communication English2      
5 教育心理学          

※旧カリキュラムの時間割です。

めざす未来は地域の子育てに貢献できる保育士

雨宮 美己子 神奈川県/元石川高等学校出身

保育士は中学の頃からの夢。この大学は自然を通じて子どもの視点を体験する保育の授業、実習先が幅広い教育実習など実習や研修の機会が多く嬉しいです。色々な志望先の友人と学ぶ授業、保育アルバイトなどで常に刺激を受けています。将来の夢は子育てに悩む母親が楽になれる仕組みづくりを始め地域に貢献する保育士。精一杯勉強して地域に受け入れられる門戸の広い保育所を建てたいです。

  • 保育ボランティアのユニフォーム

  • KVA祭(大学祭)での様子

3年次後期の時間割

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1     家庭支援論 相談援助 障がい児保育  
2     発達臨床心理学 相談援助    
3     健康スポーツ演習b 卒業研究基礎ゼミ    
4     保育実習指導Ⅰ      
5            

※旧カリキュラムの時間割です。 ※上記のほかに学外実習があります。

 

 

先輩の履修モデル(平成30年度)

自分の目標や、興味のある分野によって、多彩な授業を組み合わせることができます。
先輩の履修モデルを少しだけご紹介いたします。

保育士

綾部 遥菜

仲間との実践的な学びが夢を後押ししてくれています

模擬保育など実践的授業が多く、異なる視点からの評価を受けることで、大きな気づきを得ることができ、学びが深まります。同じ志を持つ友人と切磋琢磨しながら夢の実現をめざしています。

  • 1

    「これは何に見えるかな?」。新聞で形つくったものを手に、子どもたちに問いかける造形遊び。子どもたちの創造力を育みます。

  • 2

    地域の子育てに関するイベントでボランティアとして参加。看護服を着て喜ぶ子どもの笑顔に、私も笑顔に。

  • 3

    保育士が将来の夢となったきっかけは、自分が通った保育園の大好きな先生。やり取りした手紙は今も宝物です。

  • ●学科を選んだ理由:保育士・幼稚園教諭・小学校教諭の3つの資格・免許を同時に取得できるから。
  • ●学科の魅力:演習や実習といった実践的な授業が多く、深く学べるところ。
  • ●目標&夢:子どもと保護者に信頼され、子どもたちが笑いあえる雰囲気がつくれる保育者になること。

幼稚園教諭

岡田 真緒

実践的・専門的学びで夢へと近づいています

実習前の模擬保育や造形、幼稚園でのパネルシアター発表など幅広い体験で、学びが深くなりました。子ども一人ひとりを理解し、かかわる力を身につけたいと思います。

  • 1

    子どもたちに楽しんでもらうために探し出した実習ネタ。黄色の手袋でつくったキャラクターに子どもたちは大喜びでした。

  • 2

    自然と保育のかかわりに興味を引かれ、中田先生のゼミに入りました。保育の環境づくりについて学んでいます。

  • 3

    高校時代に通った塾を思い出す附属図書館の個別ブース。慣れ親しんだ場所で集中してレポートや勉強ができます。

    • ●学科を選んだ理由:子どもにかかわる仕事に就くための、さまざまな資格を取得できるから。
    • ●学科の魅力:子どもが好きで、明るく楽しい人が多く、励まし合いながら学べる。
    • ●目標&夢:笑顔で接し、何年たっても子どもの記憶に残る幼稚園教員になりたい。

小学校教諭

植松 しおり

授業を通して実感する成長。指導に活かせる人間力を磨く

模擬授業やグループワーク、発表の機会が多く、人前で話すことへの苦手意識が薄れました。コミュニケーション能力をさらに高め、子どもたちとの相互理解に活かしたいと思います。

  • 1

    習った経験がないのでピアノの授業は不安でしたが、1対1での指導で不安は解消。あとは練習あるのみです。

  • 2

    座り心地がいいローズコートのピンクの椅子が大好き。静かな雰囲気の中、読書をするなど一人の時間を過ごしています。

  • 3

    元気いっぱいの子どもたちとの活動はとても楽しく、森のようちえんには座学とはまた違った充実した学びがあります。

    • ●学科を選んだ理由:子どもにかかわる仕事に就くための学びと資格・免許が取得できるから。
    • ●学科の魅力:豊かな経験を持つ先生が多く、体験に基づく講義はとても興味深いところ。
    • ●目標&夢:子どもを第一に考え、保護者・家族への支援もできる教育者になること。

特別支援学校教諭

内海 伶菜

教育支援の実際に触れ、教育への視野が広がりました

障害のある子どもと先生とのかかわりを学び、特別支援教育への関心が高まりました。学びを深め、障害の有無によらず子どもの個性に応じた支援ができる教員をめざしていきます。

  • 1

    高校から続けているラクロス。チームワークが何よりも重要な競技で、チームメイトとの強い絆で勝利をつかみます。

  • 2

    体育科教育の授業で作成した指導案の中で使用した自作の教材。子ども目線での授業展開を心がけています。

  • 3

    実習先でつくった折り鶴。「私のためにありがとう」との言葉に、何ができるかを考える大切さを学びました。

    • ●学科を選んだ理由:複数の資格・免許を取得することができ、将来の選択の幅が広がるため。
    • ●学科の魅力:どの先生も学生一人ひとりと向き合ってくださるので、手厚い指導を受けることができる。
    • ●目標&夢:子ども一人ひとりを理解し、個に応じた支援で成長につなげていきたい。

 

授業Pick up!

特別支援教育総論

特別支援教育総論では、幼稚園、小学校、特別支援学校に在籍する肢体不自由、知的障害、発達障害などのある子どものさまざまな障害の状況の理解と、教育課程や教材教具を活用した指導法について学びます。

保育内容演習環境A,B

町田キャンパスの豊かな自然環境を活かした授業を行っています。例えば、この写真は木の幹に聴診器を当てて音を聴いています。このような直接体験を通して子どもを取り巻く環境や子どもと環境の関係性について学びます。

体育科教育法

体育科教育法は学年、種目、単元を選んで45分間の指導案を立て、生徒役を演じる児童学科の学生を相手に授業を展開していきます。

児童臨床実習BⅡ

一年間の活動の保育内容や環境構成を学生が主体的に企画・運営し、保育者として必要な専門性とチームワークを実践的に学びます。

 

家政学院がもっとわかる!