東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

現代生活学部 食物学科

授業紹介

こんな学びがあります

基礎調理学実習

  食材の衛生的な取り扱い方、非加熱調理操作法、加熱調理操作法、調味操作法などの基礎的な調理技術を日本料理、西洋料理、中国料理の実習を通して学びます。また、これら食事様式を通して、季節感、食材の組み合わせ、料理と器の形状や材質・配色バランス、盛り付けや食卓への配膳、食器やカトラリーの取り扱い、食事マナーについても学びます。

栄養士論

栄養士になるために、大学で学ぶ知識、修得する技術について理解し、またカリキュラムの内容を把握することで、4年間を通して学ぶ意義や意欲、目標を1年次に自ら見出してもらいます。

 

学校栄養教育論

子どもたちの健康で豊かな生活を実現するために、学校給食のあるべき姿や健康的な生活を送るための自己管理能力について学修します。栄養教諭の役割や仕事内容を学び、将来のキャリアプランについても考えます。

 

食企画・開発演習Ⅲ

食品・栄養分野の知識と技術をもとに企画・マーケティングの知識を応用し、地域連携企業へのマーケティング提案を行い、フードビジネスの現場で発揮できるコンピテンシーを養います。

 

 

先輩の履修モデル

自分の目標や、興味のある分野によって、多彩な授業を組み合わせることができます。
先輩の履修モデルを少しだけご紹介いたします。

入学を決めた先生の言葉と温かな学生生活

渥美 里佳子 東京都/八王子北高等学校出身

食の大切さを伝える仕事がしたいと栄養士資格が取れる大学を探していたとき、黒田久夫先生に食への思いを伺って感動し、直接授業を受けたいと入学しました。この学科は教職や選択で個々の時間割が変わるため、学生は皆真剣で自主性があります。私も栄養教諭をめざして勉強に取り組む一方ラクロス部の活動にも励んでいます。親身に気遣ってくださる先生や先輩が多いのもすてきなところです。

  • ラクロス部のユニフォーム

  • 栽培実習で育てた珍しいター菜

1年次後期の時間割

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1   コンピュータ概論 分子生物学 基礎サイエンス実験 比較食文化・食生活論  
2 コンピュータ演習b 食事計画論 環境と資源 解剖生理学Ⅰ
(解剖学)
 
3 Listening&Speaking2   健康スポーツ演習b      
4     食生産体験演習B   ジェンダー論  
5     食と語学A   食品学総論  

苦手な科目も好きな勉強のためなら克服できる

陽野 雪葉 東京都/若葉総合高等学校出身

大学は好きな学問を追究でき、苦手な科目も夢のために頑張ろうと思える不思議な場所。私も栄養士をめざし化学への苦手意識を克服している最中です。最近嬉しかったのは、立派なほうれん草が収穫できたり調理実習でシューが上手に焼けたりしたこと。自分で手がけた物が成功するとやる気も出ます。「栄養士論」や「フードビジネス概論」を通じ職業や食への興味も広がっているので、今後の学びが楽しみです。

  • 苦手だからこそ頑張る有機化学

  • うまく焼けたシュークリーム

1年次後期の時間割

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 リテラシー演習 基礎調理学実習   社会福祉学概論    
2 ダイエットとフィットネス 基礎調理学実習   栄養士論 フードビジネス概論  
3 心理学a   美学・美術史 食生産体験演習B    
4 韓国語入門1   Communication
English1
     
5     コンピュータ演習a      

 

先輩の履修モデル(平成30年度)

※こちらに掲載されているのは、前身の生活デザイン学科・食生活デザイン領域の学生です。

 

自分の目標や、興味のある分野によって、多彩な授業を組み合わせることができます。
先輩の履修モデルを少しだけご紹介いたします。

フードコーディネーター

金子 和佳奈

大好きな食分野だからこそ出会うことができた、深い学びと楽しい友人たち

何気なく行っている調理にも根拠があることを知り、料理の奥深さを実感。ここで出会えた楽しい友人たちとともに、大好きな食を思い切り学ぶ、充実した毎日を過ごしています。

  • 1

    高校時代に始めたチアダンス。OGチームに所属して今も活動しています。昨年の全国大会では6連覇を達成!

  • 2

    大学の短期語学研修でカナダに2週間滞在。異文化体験は大きな学びとなりました。

  • 3

    フードコーディネーターの資格を取得できることが入学の決め手の一つ。卒業後に取得できるので、今から楽しみです。

  • ●学科を選んだ理由:調理実習や企業連携などの授業が多く、楽しく学べると考えたから。
  • ●学科の魅力:多くの実習や実験を通して、新しい発見や驚きを体験できること。
  • ●目標&夢:「口の中から幸せを」。食べた人が幸せになる商品を開発すること。

教職

小林 美結

大学だからこそ学べる体系的な学びに家庭科の新たな魅力を発見!

食品が持つ機能について科学的に分析し、商品の可能性について考える授業や学生主体のアクティブ・ラーニングなど大学だからこその学びで、知的好奇心が大きく広がっています。

  • 1

    食企画・開発演習で考案。タコス生地を使った揚げ餃子で、パリパリ、ホクホクの食感が特徴の料理です。

  • 2

    フィットネスクラブでアルバイト中。教員になって運動部の顧問になったときに、この経験を活かしたいと思っています。

  • ●学科を選んだ理由:おいしい物を食べた瞬間の幸せな気持ちを伝えるための知識と技術を学ぶため。
  • ●学科の魅力:先生が一人ひとりをきちんと見てくださり、厳しさの中にも優しさがあること。
  • ●目標&夢:体験・実践的授業で、家庭科の奥の深さを教えられる家庭科教員になる。

フードビジネス

長島 末弥

多彩な授業を通して知識の深まりと自分自身の成長を実感

一つの素材で多種多様な料理をつくったり、企業連携で商品開発をしたり、多彩な授業で多くの知識を修得。またアクティブ・ラーニングで思考力、表現力が培われ成長を実感しています。

  • 1

    幼い頃から料理や裁縫を祖母に教わっていました。牛乳寒天もその一つで、今も一緒につくっています。

  • 2

    K-POPや韓流ドラマが好きで、第2外国語には韓国語を選択。入門から初級まで全コースを履修しました。

  • 3

    炊飯器以外でご飯を炊くのは初めての経験。今はあまりやらない方法の実践は、驚きの発見につながります。

  • 4

    資格取得のためにフードスペシャリスト、フードコーディネーターに関する授業を履修。知識を将来に活かしたい!

  • 5

    ひな祭り料理では食材を直接お盆に盛りつけ。器に盛られた料理を置くのがお盆のはず…。とても驚きました。

  • ●学科を選んだ理由:フードスペシャリスト、フードコーディネーターの資格取得のため。
  • ●学科の魅力:日常生活で実践できるさまざまな知識を楽しみながら修得できるところ。
  • ●目標&夢:大学での学びを活かして、将来にわたって食にかかわる仕事をしていくこと。

授業Pick up

1-2年次(共通)

栄養学の基礎と教養を学ぶ→栄養士に必要な専門知識と技術を身につける

 

【栄養学の基礎】 食生産体験演習A.B.、食科学概論、生化学(総論)、解剖生理学Ⅰ.Ⅱ、基礎調理学実習、比較食文化・食生活論
【教養】 共通教育科目(3つの科目群)、コミュニケーション・プレゼン演習、基礎サイエンス実験、食と語学A.B.、地球環境と食
【栄養士】 公衆衛生学Ⅰ、栄養学・生化学実験、食品学実験、応用栄養学、給食管理学、調理学、食品加工学、栄養士総合演習

 

 

栄養士

プロの栄養士になるために、専門知識と技術を身につける。

 

3年次

臨床栄養学総論/各論

栄養指導論

栄養カウンセリング論

公衆栄養学

校内/校外給食管理実習

4年次

HACCP実践演習

卒業研究A,B

めざす資格・免許

栄養士

管理栄養士(実務経験1年以上で受験資格)

家庭科教員

家庭科教員・栄養教諭になるために、専門知識と技術を身につける。

 

3年次

調理と素材

子供の食とアレルギー

学校栄養教育論

4年次

食教育研究

調理と文化

卒業研究A,B

目指す資格・免許

中学校教諭一種免許(家庭)

高等学校教諭一種免許(家庭)

栄養教諭二種免許

フードビジネス

フードビジネスの現場で活躍するために、専門知識と技術を身につける。

 

3年次

食品流通経済

製品・食品鑑別演習

食企画・開発演習Ⅱ,Ⅲ

4年次

フードビジネス演習

卒業研究A,B

めざす資格・免許

食品衛生管理者・監視員(任用資格)

フードスペシャリスト・フードコーディネーター

フードアナリスト・HACCP管理者資格

フードビジネスアドミニストレーター(学内資格)

家政学院がもっとわかる!