東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

現代生活学部 食物学科

※2018年4月開設

卒業後のビジョン

卒業後のビジョン

食の楽しさ大切さを伝える食のプロ

  • 高齢者福祉施設・保育所・病院・事業所などの給食管理
  • 健全な食生活の実践を担う自治体・企業の栄養士
  • 学校で食育の授業を担当する栄養教諭
  • 食生活を基軸に教育できる中学・高校の家庭科の教員
  • 食品の品質・安全・衛生面の指導・管理者
  • 食品メーカー・フードサービスでのメニュー企画・開発
  • 商社・流通で活躍するバイヤー、企画職
  • 小・中学校で学校給食を運営 など

取得可能な資格はこちら

食物学科で栄養士の夢に向かって ※食物学科は2018年新設

 
上田 菜都子 東京都/町田総合高等学校出身


食育について指導ができる栄養教諭をめざし食物学科に入学しました。栄養士の方と接する機会が多い小学校に通う中で、自分の考えた献立で人を楽しく健康にできる仕事があると知ったことがきっかけです。幅広く学べる講義はもちろん、野菜栽培や調理など実習も多いので毎日が新鮮です。栄養士に加えて教諭免許も必要なので勉強は大変ですが、子どもに食の楽しさや大切さを伝えられる存在になれるよう頑張っています。

夢をかなえる 4 Y E A R S

1年次

育てた野菜を収穫し、献立を考えて調理する「食生産体験演習」が今一番楽しい授業です。手をかけた分成長してくれるのが嬉しく、何より自分で育てた野菜っておいしいんです。

2年次

オープンキャンパスで入学を決めたこともあり、私も何か協力できればとスタッフをしています。このポロシャツを着て、来てくださった方には丁寧に説明しています。

3年次

「基礎調理学実習」では前期に白米の炊き方など基礎を学び、後期で献立づくりも含めた応用に取り組みました。奥が深い調理ですが、順を追って学ぶので身につく実感があります。

4年次

食育の知識を広げたいと「食育研究会」に参加しています。町田市の食育フェアに参加し、栄養や配膳ゲームなどを通じて地元の皆さんに食に関する啓発活動を行いました。

栄養士

保育所、学校、企業などのおもに健康な方へ栄養指導や給食運営を行います。また、医療施設や老人福祉施設では、献立作成や食事提供を通じて栄養状態改善などのサポートを行います。


どうすれば取得できる?
大学ほか栄養士養成施設で専門課程を修め、卒業後に都道府県知事に申請して免許を受けます。学校勤務を希望する場合、栄養教諭免許も取得すると栄養管理のほか食育計画や地域人材の活用、個別指導が可能に。栄養士として必要な年数を勤務後、国家試験を受けて管理栄養士になる人もいます。

 

 

就職実績

就職実績はこちら

家政学院がもっとわかる!