東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

大学院 人間生活学研究科(男女共学)Graduate school (千代田三番町キャンパス)(町田キャンパス)

【新専攻】家政学・栄養学の新しい教育研究拠点で学ぶ

東京家政学院大学大学院人間生活学研究科は、質の高い生活を創造するための理論と実践を研究する「家政学専攻」、人々の健康の維持増進に向けた戦略的な方法論を研究する「栄養学専攻」を開設します。学士課程教育との連続性を意識しながら、人間生活に関わる専門的知識や技術を修得することができる家政学・栄養学の中核的な教育研究拠点として再編します。

 


これまでの大学院機構図と2020年度からの大学院機構図

 

人間生活学研究科 ディプロマポリシー

研究科の定める年限において所定の単位を修得し、以下の学識・能力を身につけ、かつ修士論文、修士作品又は特定の課題についての研究成果の審査及び最終試験に合格した者に学位を授与する。

 

【知識・技能】

専攻分野に関する高度な知識・技能を修得し、質の高い生活の創造に向けて、それらを総合的に活用することができる。

【思考・判断】

現代社会が直面する個人、家族、地域、さらには地球規模の諸課題を発見し、生活者の視点に立って、解決に必要な情報を収集・分析・整理することができる。

【関心・意欲・態度】

常に変化する人と環境との関係を理解しながら、次々に生起する諸課題の解決に向けて、主体性を持って学び続ける意欲を有している。

【表現】

コミュニケーション能力及びプレゼンテーション能力を有し、思考・判断のプロセスや結果を他者と共有することができる。

 

人間生活学研究科 カリキュラムポリシー

広い視野に立つ精深な学識を授け、専攻分野における研究能力又はこれに加えて高度な専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を培い、そして豊かな人間性を追求し続ける素養を身につけるための教育・研究指導を行う。

 

・専攻分野における基礎的素養の涵養を図るための「総合特論」を開設する。

・専攻分野における高度な専門知識を修得するための講義科目を開設する。

・専攻分野における諸課題に関し、解決に導く能力を養うため、「特別研究演習」を開設する。

・高い学術水準の学位論文の完成に向けて、指導教員(主指導教員及び副指導教員)による個別の研究指導を受ける。

・公開の中間報告会や最終発表会におけるプレゼンテーションや討議を通じて、調整力や研究内容の質の向上を図る。

 

人間生活学研究科 アドミッションポリシー

知識基盤社会を多様に支える高度で知的な素養のある人材、あるいは高度な専門的知識・能力を持つ専門職業人を目指し、これまでに培った学識や能力を基盤に、学術の理論及び応用の深奥を究めようとする好奇心の強い人、又、多様な経歴や価値観を持った人を幅広く求めている。

 

【知識・技能】

専攻分野を広く学び、有為な人材として社会で活躍するために必要な高度な知識・技能を身につけたい人。

【思考・判断】

人間生活に係る諸問題を発見し、学際的、実践的な研究を通じて、人間生活の本質的な価値を追究したい人。

【関心・意欲・態度】

人間社会の多様な営みに興味・関心を持ち、生活の質の向上と人類の福祉に貢献したい人。

【表現】

他者を理解した上で、自らの見解を形成し、それを豊かに表現する能力を培いたい人。

 

目指すのは社会が求める「知のプロフェッショナル」

社会・環境の変化が著しい時代において、持続可能な社会の実現や、生活の質をより向上させていくためには、広い視野に立って精深な学識を有する「知のプロフェッショナル」が必要です。現代社会が直面する個人、家族、地域及び地球規模の諸問題に対しても実践的に貢献できる有為な人材を養成します。


目指すのは社会が求める「知のプロフェショナル」関係図
■社会を牽引する教員による教育・研究体制

講義は、各分野をリードしている教員によって少人数制のゼミ形式で行われます。研究指導は、指導教員(主指導教員、副指導教員)のもと、設定した研究課題に基づいて、修士論文の提出に向けて進めていきます。

※家政学専攻では、修士作品又は特定の課題の研究成果についての審査を受けることもできます。

 

■専攻分野の垣根を超えた横断的な履修体制

人間生活学研究科を構成する家政学専攻と栄養学専攻において、専攻を横断した普遍的なスキルやリテラシー等を身に付けるという観点から、相互の授業科目を履修することができる仕組みを整えています。履修した他専攻の授業科目の単位は、6単位を超えない範囲で在籍している専攻において修得したものとみなすことができます。

 

修学・研究活動を支える多彩なバックアップ制度

修学支援制度  

■特待生制度

入学試験の総合得点最上位者を特待生として認定する制度です。特待生は、1年次授業料の半額(前期分15万円、後期分15万円)が免除されます。各入試日程において各専攻から1名を特待生として認定します。

※ただし、基準点に満たない場合は特待生の対象とはなりません。

■長期履修学生制度

職業についている場合など、長期にわたり計画的に教育課程を履修することを認める制度です。新入生、1年次生において申請することで最大4年間まで認められます。授業料・施設設備資金は修業年限分の総額を長期履修期間の年数で割った金額となります。

■秋期(9月)入学制度

4月入学に加えて9月に入学することができる制度です。入学時期を選択できるため、社会人や留学生が履修時期を調整しやすい環境が整っています。

   

 

研究支援制度  

■学会発表・参加助成制度

大学院生が学会に参加・発表することを奨励しており、国内で開催される学会に発表・参加するための交通費・参加費を助成しています。学会にて研究成果を発表し、様々な意見を聴くことで自身の専門性を磨くことにもつながります。

■ティーチング・アシスタント制度

学部の講義や実験等の教育補助業務を担当することで教育方法の修得にもつながり、更に手当の支給も受けられる制度です。

新専攻の学び等

 

 


 

※以下は現生活文化専攻各コースの説明となります。

【現コース】現代生活学を極(究)める。

大学院 人間生活学研究科生活文化専攻修士課程(男女共学)は、「現代生活学」を研究する先進的な大学院です。

5つのコースを中心に少人数教育を展開

本大学院は、大学の各学科(専門分野)に立脚した専門性の高い大学院であり、5つの「コース」から構成されています。それぞれの「コース」は、学部段階の教育研究を発展的に継承するもので、全コースを合わせて40名以上の高い専門性を備えた教員がマンツーマンに近いきめ細かな教育、研究指導を行うなど、さまざまな学術分野の刺激を受けながら、現代生活学に関するテーマを多面的にアプローチできる環境を整えています。

現代生活学を極(究)める

1人の大学院生に対して、研究テーマに基づき2人の研究指導教員が割り当てられます。研究指導教員と履修・研究計画を作成し研究活動を進めることになります。
各コースは、それぞれの研究課題に関連する専門科目を軸に構成され、必修8単位と、選択22単位以上を組み合わせて履修します。必修科目で特定の分野の知識を深め、選択科目で自分の専攻する研究分野の総合的知見を養うことにより、各種の高度な専門的職能に対応できるように設定されています。
大学院は学部教育の上に立脚した高度な学術を研究する能力を修得する場です。学部教育で修得した専門知識・技術を母体とした教育が展開されますので、入学希望者は原則として5コースに関連した学部学科の専門的知識及び技術が要求されます。

 

履修コースと目指す進路

全講座必修科目
  • 人間生活学特別研究演習1
  • 人間生活学特別研究演習2
  • 人間生活学特別研究演習3
  • 人間生活学特別研究演習4

現代家政学コース

本コースでは総合的に「現代生活学」の研究を展開します。現代の私たちのくらしは、解決すべき課題が山積しています。その対策は衣食住のみならず、環境や福祉、保育・教育、情報、生活文化、国際化、ライフマネジメント、消費者問題、ジェンダーなど多岐にわたります。これらの専門分化が進む中で「家政学」の研究・教育で永い伝統を持つ本学は「総合家政」の視座を維持発展してきました。このような特徴から本学は数多くの家庭科教員を輩出してきました。高度化しつつある現代社会では教育の質の向上が叫ばれ、広い視野を身につけた大学院出身の教員が求められています。本コースでは修士の学位と家庭科の専修免許状を取得した高度な中学・高校の家庭科教員の育成も目指します。また、博士課程進学や一般企業への就職など家庭科教員以外の進路においても全面的に支援していきます。

開講科目

人間形成特論(教育学)/人間形成特論演習/生活経営学特論/生活経営学特論演習/生活経済学特論/生活経済学特論演習/地域社会特論/環境文化特論/生活文化史特論I(日本史)/生活文化史特論Ⅱ/言語文化特論/衣生活学特論/服飾文化特論/食物学特論/食文化特論/現代家政特論演習A/現代家政特論演習B/現代家政特論演習C/現代家政特論演習D

専任教員(平成31年4月現在)
教授 井上 眞弓
教授 上村 協子
教授 内田 宗一
教授 大橋 竜太
教授 佐藤 広美
教授 三宅 紀子
教授 山村 明子

各教員の実績はこちらをご覧ください

健康栄養学コース

健康栄養学コースでは「食」を通して健康に生きる上での諸問題を実践的・理論的に解決できる高度な専門知識・見識を身につけた人材の育成を目指します。医療などの臨床栄養の分野、保健・介護福祉などの地域栄養の分野、栄養教育の分野で活躍したい、企業・研究機関で食品開発・研究分野などに関わりたい、管理栄養士養成施設などの教育・研究に携わりたい、また、社会人として、さらに高度な食物・栄養に関する実践的能力を高めたいと思う人の育成を目指しています。さらに、栄養教諭専修免許の取得もできます。このように高度の専門知識・見識を土台に実践的に地球規模の問題解決にまで貢献する人材を育成し、社会に送り出すことを目的とします。

開講科目

調理学特論/スポーツ栄養管理学特論/応用食品学特論/食品機能学特論/食品微生物学特論/臨床栄養学特論/臨床栄養学特論演習/運動栄養学特論/生化学特論/栄養教育特論/栄養教育特論演習/地域栄養教育特論/病態生理学論特論/小児保健学特論/食品・栄養英語文献抄読演習/栄養管理学特論/ヘルスプロモーション特論/国際保健学特論/公衆栄養学特論/小児臨床栄養学特論/予防心臓病学特論

専任教員(平成31年4月現在)
教授 海野 知紀
教授 江川 賢一
教授 金澤 良枝
教授 斉藤 恵美子
教授 酒井 治子
教授 田中 弘之
教授 馬場 修
教授 林 一也
教授 原 光彦
教授 松田 正巳
准教授 大富 あき子
准教授 加藤 理津子
准教授 辻 雅子
講師 吉野 知子

各教員の実績はこちらをご覧ください

生活デザイン学コース

生活デザイン学コースは、生活の基本としての「衣」、「食」、「住」とそれを支える「生活デザイン共通」の4分野から構成されます。「衣」は素材、アパレルデザイン、工芸染色、テキスタイル、洗浄・管理など、「食」は栄養学、食品加工、フードデザイン、調理、食品開発など、「住」は建築計画、建築デザイン、住居デザイン、CAD、インテリアなど、「生活デザイン共通」は生活学、デザイン基礎などをより深く学び、また研究し、各業界で役立つ専門知識と技術を習得することを目的とします。中学校教諭専修免許状(家庭科)、高等学校教諭専修免許状(家庭科)を他コースの履修も併用して取得することも可能です。現代の生活環境に関わる諸問題を生活者の視点でとらえ、自らの目で確かめ、現代の生活環境に対応した人や自然に優しい生活を自らデザインし、実践的に解決できる専門性と総合性を併せ持つ人材を育成します。

開講科目

衣設計学特論/衣環境学特論/食生活学特論/食品機能学特論/食品科学持論/住環境計画特論/建築構法特論/住環境設計特論/情報メディアデザイン特論/人間形成特論(教育史)/近世女性史特論/生活デザイン特論演習1/生活デザイン特論演習2/生活デザイン特論演習3/生活デザイン特論演習4

専任教員(平成31年4月現在)
教授 岩見 哲夫
教授 小口 悦子
教授 椛田 考一
教授 河田 敦子
教授 小池 孝子
教授 白井 篤
教授 原口 秀昭
准教授 呉 起東
准教授 黒田 久夫
准教授 花田 朋美
准教授 山﨑 薫

各教員の実績はこちらをご覧ください

児童学コース

本コースでは、2つの履修コースがあります。
(1)児童学コース:児童学コースでは、子どもの総合的な理解を基に子ども(胎児期から青年期)をめぐる様々な問題について研究・探究します。また、保育者、教育者としての高度な専門的知識と方法を学び、保育、教育、生活、環境などの問題とその解決、発展にも焦点を当て研究します。具体的には、子どもの人格形成、乳幼児保育、幼児教育、子どもの遊び、絵本とことば、道徳教育、英語教育、運動と健康、環境心理などが研究対象となります。
(2)心理・発達コース:心理・発達コースでは子どもの問題について心理と発達分野からの臨床的な理解を基に研究・探究します。具体的には、子育て不安と支援、不登校、子どもの愛着形成、発達障がい、青年期の依存と自立、家族の人間関係の問題などが研究対象となります。同時に、 臨床発達心理学の理論、方法、実践を専門的に学び、家庭、園、学校、社会で起こる問題、障がい等について、総合的にアセスメント、援助、相談、支援できる人材を養成します。

開講科目

発達心理学特論A/発達心理学特論B/臨床心理学特論A/臨床心理学特論B/人間発達特論I A/人間発達特論I B/人間発達特論II A/人間発達特論II B/人間発達特論III A/人間発達特論III B/人間発達特論IV A/人間発達特論IV B/児童学特論A/児童学特論B/児童学特論C/児童学特論D/児童学特論E/児童学特論F/児童学特論G/児童学持論H

専任教員(平成31年4月現在)
教授 畝部 典子
教授 金子 和正
教授 新開 よしみ
教授 吉永 早苗
准教授 新海 公昭
准教授 丹羽 さがの
准教授 柳瀬 洋美

各教員の実績はこちらをご覧ください

社会福祉学コース

今日、個々人の生活上の問題は複雑化し、そのため社会的ニーズも多様化してきています。とりわけ少子高齢化は、否が応でも国民の関心を社会福祉へと向けさせることとなりました。したがって私達は、今や新しい社会福祉学を構想することが求められています。このコースにおいては、そのような社会的ニーズに応えられるような、より高度な福祉の専門性を有する専門職業人の育成を目指します。そのため、従来のような狭い領域にしばられがちだった社会福祉学ではなく、社会福祉のベーシックな理論から援助方法・技術に至るまで幅広く学べるようなユニークで多彩な科目を用意しました。そもそも“人が生活しているところは、どこでも福祉のフィールドだ”といわれます。だからこそ、私達福祉の担当教員は、将来、院生のみなさんが、いずこの現場で働くにせよ、福祉専門職としての力量を大いに発揮できるよう、全力を注いでいきます。

開講科目

社会保障特論/介護福祉特論/高齢者福祉特論/地域福祉特論/スポーツセラピー特論/福祉と数理特論/福祉マネジメント特論

専任教員(平成31年4月現在)
教授 嶋田 芳男
教授 西口 守
准教授 大嶋 徹
准教授 加地 雄一
准教授 千葉 一博

各教員の実績はこちらをご覧ください

家政学院がもっとわかる!