東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

現代生活学部 人間福祉学科(町田キャンパス)Department of Social Welfare

「福祉」に求められる、幅広い知識と実践力を養う

人々の幸せなくらしをマネジメントする「福祉」の実践には、医療・教育・心理・法律・政治など、さまざまな視点を交えた考察が必要です。人間福祉学科では、経験豊富な教授陣による福祉と関連領域を網羅した講義と、社会福祉施設などでの豊富な現場実習によって、豊かな人間性と確かな実践力を備えたソーシャルワーカーを育成します。

※平成30年度以降の募集は停止いたしました
現代生活学部人間福祉学科の平成30年度以降の学生募集停止について(PDF形式0.1MB)

ディプロマポリシー

  • 思考・判断
    現代社会のそれらの問題に対して、痛みをもって関⼼を持ち、社会福祉の制度や実践を活⽤して、その軽減や解消を図ろうとする視点が持てる
  • 関⼼・意欲・態度
    それらの問題を福眼的かつ構造的にとらえる⼒がある。そしてそれらの問題は「⼈と状況との相互作⽤」で⽣成されることを現場実践(実習)から理解することができる
  • 技能・表現
    社会福祉の制度や政策またソーシャルワークの⽅法(学習し実習経験した福祉ビジネスの視点・・ソーシャルアドミニストレーション・・や様々な福祉セラピーの⽅法)などを総合的に活⽤し、また保健や医療の専⾨職及び地域の⼈々とも連携し、コミュニケーションを図りながら⽣活問題の軽減や解消のためのアセスメント、プランニングそして介⼊(ソーシャルインターベンション)ができる

カリキュラムポリシー

〇教育課程 (初年次教育・共通教育・専⾨・キャリア)

  • 社会福祉やこれに関係した学問領域を学ぶ際に必要となる広範な学問領域に関わる基本的学習能⼒を獲得させるため、共通教育科⽬群を配置する
  • 初年次は、社会福祉や関係した学問領域の礎となる「福祉共通」領域の科⽬を主に学べるように編成する。また、2年次以降は「福祉共通」領域、及び専⾨領域に位置づけた「福祉セラピー」「福祉ビジネス」「ソーシャルワーク」に配置した科⽬から、各学⽣のキャリアデザインに応じて、専⾨的な知識やスキルを学べるカリキュラムを編成する
  • 初年次は、社会福祉や関係した学問領域の礎となる「福祉共通」領域の科⽬を主に学べるように編成する。また、2年次以降は「福祉共通」領域、及び専⾨領域に位置づけた「福祉セラピー」「福祉ビジネス」「ソーシャルワーク」に配置した科⽬から、各学⽣のキャリアデザインに応じて、専⾨的な知識やスキルを学べるカリキュラムを編成する
  • 4年次の科⽬「卒業研究」では、学んできた知識を基に、今⽇の⽣活課題を総合的な視点から解決していく⽅策を考える機会を提供する
  • 4年間を通じて、社会福祉⼠国家試験に対応できるような知識の習得をめざした授業を展開する
  • 時代のニーズに応えられる実践⼒とスキルを兼ね備え、多様な現場で⼒を発揮できるソーシャルワーカーの育成や、社会福祉に関係した各種セラピーや、福祉ビジネス分野で活躍できる⼈材を育成できる教育環境を整える

 

〇授業・学修⽅法・学修過程の具体的な在り⽅

  • 講義で学んだ社会福祉やこれに関係した学問領域の知識やスキルを、演習を通じて⾝に付けるだけでなく、実習を通して応⽤的な考え⽅やスキルが駆使できるような教育編成を⾏う
  • 社会福祉・セラピー・福祉ビジネスといった複数の専⾨領域を横断的に学ぶことができるような教育環境を整える
  • 特に演習では、学⽣⾃らが主体的に参加し、発⾔するような双⽅向型の授業を展開する。また、講義においてもフィールドワークを導⼊するなどし、これによって得られた情報をプレゼンテーションすることで、学⽣間の情報の共有化を図る

 

〇学修成果の評価⽅法

講義・演習・実習を通して得られた知識・スキル・問題解決能⼒などを、筆記試験・レポート・プレゼンテーション等により評価する

  • 実習終了後に実施される「実習報告会」で、内外の識者による評価を受ける機会を設ける
  • GPAによる客観的な評価基準を適⽤する
家政学院がもっとわかる!