学校法人東京家政学院

 

新着情報

東日本大震災から10年目(理事長メッセージ)

2021/03/10

 

 

東日本大震災から10年を迎えるにあたって

 

 東日本大震災から10年目の3月11日を迎えます。教職員の皆さんとともに、犠牲になられ
た方々を追悼し、心よりご冥福をお祈りしたいと思います。大切なご家族や友人を失った人々の
悲しみ、津波や原発事故で生活を一変させられた人々の苦労を思うと、胸が苦しくなります。
 私事になりますが、私は岩手県釜石市にある製鉄所に勤務したことがあります。かつての同
僚が犠牲になり、同じ職場の先輩は娘さんを亡くしました。自分が住み親しんだ街が津波にのま
れる様子を現実として受け入れるのに時間がかかったことを覚えています。
 東京都内も震度5強から5弱の揺れに見舞われ、かつて経験したことのない強く長い揺れに
恐怖を感じた方も多かったのではないかと思います。帰宅できずに学院内で一夜を明かした方も
おられたでしょう。当時、校舎建替えのため、私の研究室は神保町のオフィスビルにありました
が、天井パネルの大半が落下するという事態に遭遇しました。幸いにも別室におり負傷は免れま
したが、急遽立入禁止措置がとられた部屋を見て慄然としました。
 あのような災害は二度と起きてほしくないと誰もが思います。しかしながら、政府の地震調
査研究推進本部による30年以内の地震発生確率を見ると、マグニチュード8〜9の南海トラフ
地震は70〜80%とされ、都内でも震度6弱から5強程度の揺れが予想されています。このほか
にもいわゆる首都直下型地震の切迫性が指摘されています。
 世界の地震の約1割が日本及びその周辺で起きています。地震学者は日本中のどこであって
も地震は起こりうると言います。過度に恐れる必要はありませんが、日本列島に住む以上、私た
ちは頭の片隅にそのことを常に置き、どうすれば被害を最小限に食い止めることができるかを考
えておかなければなりません。
 学院は、大切な学生・生徒の皆さんをお預かりしています。様々な場面を想定しながら、彼
女たちをどのようにして守るか、安否確認をするか、支援するかなど、平時から考え、備えてお
く必要があります。
 また、学生・生徒の皆さんには、日本列島の美しく豊かな自然と地震・火山災害は表裏の関
係にあることを理解し、自然と生活・文化について考え、防災意識を高める機会にしてほしいと
思います。学院全体で、地震や防災について共に学ぶ講演会のようなものを企画しても良いので
はないかと考えています。
 3.11の記憶を風化させることなく、この経験を通じた学びを将来に生かす。10年目を迎える
私たちにとって大切なことではないかと思います。

学校法人東京家政学院 
理事長  吉  武 博  通 

 

また、理事長が連載を続けている『カレッジマネジメント』には、震災直後に緊急特別寄稿が

掲載されています。  こちらから  ご覧ください。

 

 

戻る

ページトップへ

学校法人東京家政学院グループサイト