東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

【現代家政学科】現代家政学科の学生(3年)が学会の分科会で研究発表

2017/09/20

平成29年9月9日(土曜日)と9月10日(日曜日)、法政大学にて「人を大切にする経営学会」第4回全国大会(参加者約350名)が行われた。2日目に行われた分科会研究発表にて、平成28年度キャリアデザイン(A・B)の授業を受けた3人の学生(現代家政学科3年)が中心となり、「女子学生の視点から見た『良い会社』研究」をテーマに発表した。発表時間30分、質疑応答10分という限られた時間ではあったが、研究成果を堂々と発表し、質疑応答に丁寧に答える姿が見られた。
以下、参加した学生の感想である。
「当初は学会発表が何なのかわかりませんでした。これまで何かを研究するという経験もなかったので、どういった手順で進めていくのかもわからず戸惑うこともありました。しかしながら、私たちの活動に協力してくださった沢山の方々の支えと、学会発表のきっかけをくださった金森先生のアドバイス等をいただき、本番は良い発表が出来ました。また、この研究発表を通して、各メンバーの成長もありましたし、沢山の社会人(約40人)の前での発表は今までなかったことなので、貴重な経験が出来ました。インタビューなど協力していただいた沢山の方々へ感謝申し上げます。今後もこの研究を生かして就職活動等に励んで活きたいです!」
なお、写真は学会発表を終えての様子です。

 

戻る