東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

【現代家政学科】「第5回全国大会 人を大切にする経営学会」で学生が発表を行いました

2018/12/14

平成30年9月15日(土曜日)と9月16日(日曜日)、慶應義塾大学日吉キャンパスにて「第5回全国大会 人を大切にする経営学会」が行われた。2日目に行われた研究発表において、現代家政学科3年、金森研究室(自主ゼミ)の学生が「老舗企業が良い会社に変わる促進要因と阻害要因について〜女性リーダーの事例を中心に〜」と題して30分発表を行った。具体的内容としては老舗企業に焦点を当て、老舗企業が良い会社に変わるプロセス研究を行った。

 

以下、発表した学生の感想である。
・「人を大切にする経営学会」の第5回全国大会で研究発表を行いました。多くの人の前で発表するのは初めてだったので、夜も眠れないくらい緊張しましたが、発表後はやり切って良かったと感じました。
・研究発表を最後までやりきれたのは、何度もインタビューに協力してくださった老舗企業の女性リーダー、私を支えてくださった金森先生や先輩方のおかげだと思っています。研究発表に至る約11ヶ月、ありがとうございました。心から感謝致します。
・これまで、1つのことを成し遂げる経験がありませんでした。そのため、「本当に最後までやりきれるのか、発表の際に頭真っ白になったらどうしよう」などの不安がたくさんありました。今回の経験を通して、努力次第で何事も実現できることが分かりました。それと同時に、手助けしてくれる先輩・後輩の大切さにも改めて気づきました。この経験で学んだことを、今後の大学生活や社会人になってからも忘れずに行動したいです。

 

なお、写真は学会発表中の写真です。

戻る