東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

【国際交流センター】2018年度 留学生のための芸術・文化鑑賞会

2019/01/17

2018年度 留学生のための芸術・文化鑑賞会が、2018年12月23日(日)に行われました。今回のテ-マは「江戸東京の文化を学ぶ」で、両国での「ちゃんこ鍋体験」の後、「江戸東京博物館」と「すみだ北斎美術館」を見学しました。参加者は中国からの留学生9名に、引率として国際交流センターから松田正己センター員、森朋子センター員が付き添いました。

雨交じりの寒い日でしたので、暖かいちゃんこ鍋はとても美味しく、学生も満足していました。江戸東京博物館は、年末の休館日の直前だったため、幸い空いており、たっぷりと見学ができました。明治時代の洋装した日本人の絵を見て、あれは日本人なのかと不思議そうに聞かれたのが印象的でした。

すみだ北斎美術館は、江戸時代の「甘み」の特別展示があり、そこには、本学の博物館から、たくさんのレプリカが提供されていて驚きました。北斎については、留学生は余り知らなかったようで、江戸時代から世界的に有名な日本人がいたと言うことに、感銘を受けていたようです。

途中でお茶を飲む時間も取れ、ファミレスに入りましたが、初めての体験だった学生もいたようで、ファミレスとレストランはどう違うのかという面白い質問もありました。

 

江戸東京博物館の歌舞伎場模型の前にて

戻る