東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

【地域連携・食物学科】食物学科学生 星が丘小学校を訪問

2019/03/27

3月8日に食物学科1年次の食育研究会学生9名と教員5名で、相模原市立星が丘小学校を訪問しました。星が丘小学校は、今年創立70周年を迎える相模原市内でも5番目に長い伝統校で、約800人の児童が元気に通うマンモス校です。給食時間になると児童たちが笑顔で給食を取りに行きます。本学学生も給食当番を体験し、触れ合いながら一緒に給食をいただきました。その後、多くの児童たちに、「休み時間にドッジボールをしよう!」と嬉しい誘いを受け、一緒に遊びました。今回、給食施設と大量調理を窓越しに見学した後、栄養教諭の先生からもお話を伺うことができました。約900食の給食の献立立案やアレルギー対応等、安心安全な給食を子どもたちに毎日提供する大変さについて、本学学生たちも興味深く聞いていました。将来の栄養士、栄養教諭をイメージしながら、普段は体験することができない貴重な時間であったと思います。当日の給食献立は、中華おこわ、めひかりのから揚げ、チンゲン菜スープ、きよみオレンジ、牛乳でした。不足しがちな野菜、魚をとても美味しくいただきました。

 

 

地域連携活動紹介について(過去の「地域連携活動紹介」もご覧いただけます)

 

戻る