東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

【8月5日修正】【健康栄養学科】調理学研究室所属の学生が考案した和食御膳を、皇居外苑の楠公レストハウスにて期間限定で販売します

2019/08/05

【8月5日修正】

ページ掲載文中の終了日に誤りがございました。

(誤)8月5日~8月12日までの7日間

(正)8月5日~8月11日までの7日間

閲覧者の皆様には大変ご迷惑をおかけしましたこと、謹んでお詫び申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

管理栄養士を目指す調理学研究室所属の健康栄養学科4年生8名が、鹿児島県産の “ヒゲナガエビ”と、キッコーマン食品株式会社(日本デルモンテ株式会社)よりご提供のエキストラバージンオリーブオイルを活用した栄養バランスの良い一汁三菜の和食御膳を考えました。
8月5日~8月11日までの7日間、ランチタイム限定で皇居外苑の楠公レストハウスにて期間限定で販売いたします。
せっかく漁獲されても流通できないために海上投棄されてしまう未利用魚・低利用魚の有効利用策について鹿児島大学水産学部と一緒に研究をしています。今回のヒゲナガエビも地元では“たかえび”の名で親しまれているものの、全国的には知名度が低い「深海エビ」です。これを楠公レストハウス総料理長のご指導を受けながら、揚げる、炒める、はさみ焼と異なる調理方法で美味しく仕上げました。ぜひご賞味ください。

 

案内チラシ(PDF形式)

 

*現代生活学部健康栄養学科は2018年4月人間栄養学部人間栄養学科へ改組

戻る