東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

【お知らせ】メールマガジン10月号とメールマガジン登録のご案内

2019/10/02

東京家政学院大学では10月1日に大学メールマガジン10月号を配信いたしました。
メールマガジンは①学長メッセージ②オープンキャンパス、イベント、講座などのご案内③家政学院最新ニュース④家政学院活動報告をお知らせしています。東京家政学院大学の様々な情報をまとめて知ることができるメールマガジンです。是非、ご登録ください。
<※下記には東京家政学院大学メールマガジン10月号(内容は10月1日現在のものです)の一部を掲載していますので、ご覧ください>

 

★メールマガジン登録フォーム★

https://w2.axol.jp/entry20/kasei-gakuin/step1?f=1

※既にお申し込みされている方でメールマガジンが届いていない方はnyushi@kasei-gakuin.ac.jpまでお問い合わせください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京家政学院大学メールマガジンにお申し込みの皆さまにメールマガジン2019年10月号をお送りします。
今月は『10/5(土)は町田キャンパスでオープンキャンパス開催!10/18~は推薦入試Ⅰ期出願開始』です。
===============================================
2019年10月号 C O N T E N T S (目次)
☆廣江彰学長からみなさまへ
☆10月5日(土)は町田キャンパスオープンキャンパス
☆入試について
☆東京家政学院大学活動報告
===============================================
☆廣江彰学長からみなさまへ

自分自身を「開拓」し、「自分を持っているひと」になる

 9月に続きNHK連続テレビ小説「なつぞら」ネタ。
 私が大学生だった頃、東京の大学には地方から多くの入
学者がいました。実家が農家の学生がこんなことも。「廣江、
どうして田んぼや畑に石が少ないか分かるか?」
 「なつぞら」の十勝地方も、今の風景がそこにあった訳
ではありません。「開墾」という命を懸けた努力が風景を形
作り、「十勝國」と住所に記載した開拓者さえいました。な
つのモデルは故奥山玲子氏。「結婚して子どもが出来たら退
職」を公然と求めた時代。奥山氏はアニメーション界だけ
ではなく、女性が働く環境をも「開拓」しています。
 同時に、ファッションリーダーも。TVでなつが着てい
た濃いグリーン、奥山氏も好んでグリーンを、しかも自作
で着ていたそう。仕事仲間の奥山評は「自分を持っている」。
 みなさんは大学で何を「開拓」しますか?強く、美しく、
を本学で学び取って社会に出る、はいいですね。

===============================================


★是非、ご登録してください★

★メールマガジン登録フォームはこちらを★

戻る