東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

【地域連携・健康栄養学科】「ちよだで学ぶ ちよだに学ぶ 学生が親子と一緒に和食文化探検!No.4 ~みそ汁づくりコース お豆腐編 @越後屋(神田)~」

2019/12/03

みそ汁づくりコースでは11月8日に小川町駅の側にある越後屋さんに、天野屋さんに続いて千代田区に在住の年少さんの親⼦の⽅と取材に⾏ってきました。

年少さんは、豆乳ににがりをいれてつくる簡単お豆腐づくりの体験をしたり、お豆腐を七輪で焼いているところを見学したり、大きな包丁で豆腐をお店の方と切ったりと、どれも興味津々! 最初は恥ずかしがっていましたが、自らお店の方にお話しを聞きに行くなど、豆腐の様々な姿を楽しんでいるようでした。

その後、大学に戻り、越後屋さんと一緒に切ったお豆腐と、天野屋さんのおみそを使っておみそ汁を作って、みんなで美味しくいただきました。

越後屋さんの手作りのお豆腐は、機械づくりの豆腐と味が全く違っていて、大豆の味がしっかり感じられ、ふわふわして美味しいお豆腐でした。

お豆腐屋さんというのは、お豆腐を買いに行くだけでも、お豆腐が水の中に入って保存されているため、お店の方とやり取りもでき、どのように作られているのかを身近に感じることができます。

みそ汁づくりコースの取材を通して、改めて千代田区のさらなる魅力について知ることができました。

また親子の方と取材をすることで、子どもの様々な気づきや発見を知ることができ、より親子に寄り添うことのできる管理栄養士に一歩近づいたと感じています。

詳細についてはまた載せさせていただきます!

 

戻る