東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

【開催報告】座間市主催 市民大学「シニアライフをいきいき楽しく過ごすために―自分のため、家族のため…生きがい・健康・住まいについて考える―」

2019/12/24

座間市主催による市民大学が11月19日、12月3日、12月10日の3日間行われました。今回の市民大学は3大学(相模女子大学、和泉短期大学、東京家政学院大学)が協力し、「シニアライフをいきいき楽しく過ごすために―自分のため、家族のため…生きがい・健康・住まいについて考える―」をテーマに、それぞれの大学が講座を担当しました。本学からは、嶋田芳男教授が住まいの観点から同講座を担当し、多くのシニア層の方を対象に講演しました。講演終了後は、参加者から多くの質問があり、高齢期における住まいへの関心の高さが窺えました。

戻る