東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

ニュース・トピックス

【地域連携・生活デザイン学科・食物学科】鯨肉の新商品開発 -開発レシピの試食報告2-

2019/12/25

今年度、本学学生の卒業研究のテーマとして取り組んでいる「鯨肉の新商品開発」の試作品の試食が行われました。7月の前回は主にイワシ鯨の肉を使用しましたが、2回目の今回は鯨の皮を使用した試作品を作りました。あおさの佃煮、食べるラー油、肉まん、グラノーラバー、キャロットケーキ、シナモン味とコーヒー味のアイスクリーム、コーヒー&チョコ味のスコーンの7種類について、鯨肉を提供してくださった「らじっく」の板花様に試食していただきました。また、鯨の皮の煮込み時間及び煮汁を変えたものを試食し、食感の違いを体験しました。

試食後は料理それぞれに良かった点・気づいた点などの講評をいただき、特にご飯に合うあおさの佃煮、鯨肉のスイーツとしてグラノーラバー、アイスクリームが好評のようでした。

今後はレシピをイベント等で活用していく予定です。

 

 

鯨肉の新商品開発

実施日:2019年12月11日

場 所:試作 第1調理実習室 

試食 試食室

 

地域連携活動紹介について(過去の「地域連携活動紹介」もご覧いただけます)

戻る