東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

資料請求・お問い合わせ
東京家政学院大学YouTube公式チャンネル

ニュース・トピックス

令和2年度第32回特別展「復興から未来へ~博物館と地域のこれから~」開催のお知らせ

2020/11/09

令和2年度第32回特別展

「復興から未来へ~博物館と地域のこれから~」開催!!

 

このたび東京家政学院生活文化博物館では、令和2年度の第32回特別展として「復興から未来へ~博物館と地域のこれから~」展を開催いたします。本展は岩手県立博物館を中核館とした大津波被災文化財保存修復技術連携プロジェクトの一環として岩手県の陸前高田市立博物館所蔵資料を中心に展開する展覧会です。さらに、学生による防災に関する研究も展示しています。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による大津波は、人々の命と暮らしをまさしく根こそぎ奪い去りました。あれから10年近くの月日が経過し、日々の生活が前を向き新たに構築されてきたとともに、大津波によって被災した文化財を保存修復することで、地域のこれまでの生活の記録・文化を後世に伝える取り組みがなされてきました。昨年には博物館実習の一環で、陸前高田市立博物館において本学の学生たちもその修復活動について学ぶ機会を得ることができました。修復された被災資料は、三陸地域の生活の営みの記録であるとともに、大津波災害の記録でもあります。

現在の被災地域復興の現状の一端をご覧いただき、近年の自然災害に備えて防災意識を高める機会ととられていただくことを願っております。

 

なお、感染防止対策のため、ご来館の際には電話またはメールにて事前にご予約いただきますようお願い申し上げます。また、ご来館時には下記注意事項にそって行動していただきますよう重ねてお願い申し上げます。

 

<注意事項>

来場時

・受付時に体調確認をさせていただきます。

・マスクを着用してください。

・手指の手洗い・消毒を心がけてください。

観覧時

・来場者それぞれの距離を2m以上あけ、会話は必要最小限でお願いします。

・展示室内の展示物や展示ケース、壁面には触れないようお願いします。

 

 

令和2年度第32回特別展「復興から未来へ~博物館と地域のこれから~」

【会期】2020年11月9日(月)-2021年2月5日(金)

【主催】東京家政学院 生活文化博物館

【共催】陸前高田市立博物館、岩手県立博物館、公益財団法人 日本博物館協会

【開館時間】9:30~16:30

【休 館 日】土・日曜日・祝日、12/26-1/6、2/1、3

【入 館 料】無料

【会場】東京家政学院 生活文化博物館

住所:〒194-0292東京都町田市相原町2600 東京家政学院大学1号棟1階

【予約先】TEL:042-782-9814(直通)/e-mail:museam@kasei-gakuin.ac.jp ※@は半角に置き換えてください。

展示室の様子

修復された漁撈用具

被災した当時のままの資料

戻る