東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

資料請求・お問い合わせ
東京家政学院大学YouTube公式チャンネル

ニュース・トピックス

★NEW!【特設サイト】総合型選抜Ⅳ期(生活デザイン学科・食物学科・児童学科)エントリー受付中!(オンライン方式のため来学不要!)

2021/02/08

進路選択に悩んでいるみなさんへ

 

コロナ禍で進路選びも大変な一年だったと思います。東京家政学院大学は、衣・食・住・子どもの分野に興味がある人におすすめの大学です。

好きな分野に関する思いや、高校生活で力を入れてきた活動についての思いを、ぜひエントリーシートで伝えてください。

エントリーは2月15日まで。皆さんのメッセージをお待ちしています。

 

総合型選抜Ⅳ期<課題型・活動報告型>(生活デザイン学科・食物学科・児童学科)のエントリー受付中。

本学が第1志望で課題や面談等を通じて学びたいという意欲を評価をして欲しい人は是非、チャレンジしてみてください。

面談はオンライン方式のため本学に来学することなく、自宅から安心して挑戦できます。

 

【NEW!】

【前年度受験生(現 在学生)からのアドバイス】

  • ○エントリーシートを書く際に心がけたこと

・丁寧な字を書いて誤字がないように何度も確認した。(Y.N.)

・相手が読みやすいように綺麗な字で大きく書くように心がけた。(M.O.)

 

  • ○面談対策で行ったこと

・聞かれることは分かっているので、自信を持って話せるように頭にたたきこみ、鏡を見て練習してイメージを掴んだ。当日は大きな声でハキハキと、自分が思っている以上にとにかく笑顔でいることを心がけた。(Y.N.)

・放課後など高校の先生に協力していただき、何度も練習した。基本的な礼儀を守り、大学に入りたいという意思が目線でも相手に伝わるように心掛けた。(M.O.)

・自分が何に重点をおいて練習したいかによって、担任、部活の顧問など色々な先生に面接の練習をお願いすることで、様々なアドバイスが貰えました。例えば、緊張して話せなくなってしまう→接点のない先生、たくさんの先生にお願いする。様々な質問に対応する→入試担当の先生にお願いする、など。緊張して上手く話せなかったり、想定外の質問で焦ってしまうこともあると思いますが、どんな状況でも対応出来るように質問してくださいました。(N.Y.)

 

  • ○課題を選択したポイント

・ニュースで一番耳にする言葉や自分が興味のあるものを選択すると書きやすいと思う。(Y.N.)

・自分が少しでも興味を持っている内容を選ぶ方がサラサラ書けると思う。ただ、初めは全く知識がなかったので、インターネットを活用したり、本を読んだりして知識をつけた。また文字数が足りるか心配だったので、実際のレポート用紙をコピーして使い、何回も繰り返し書き直して練習した。(M.O.)

 

  • ○活動報告のアピール内容の考え方 

・部活動で何を頑張ったのか・どういうことを学んだか・そこから自分の強み(長所)は何かを整理して順に書いた。(Y.N.)

・3年の12月まで部活を続けていたので、毎日活動した部活で学んだ友達との協力や達成感などを話した。また通学時間が長かったので、課題のための本を読んだり、時間の使い方を考えるようになったことなど。(M.O.)

・私は高校時代にあしなが募金、保育園、老人ホームでの夏祭りなどのボランティア、部活の部長をしていました。自分の力になったり児童学科を志望するようになったのは、各活動からどう結びついたのか、以下のように考えました。

あしなが募金→勉強がしたくても出来ない子供について知る

保育園→自分の就きたい職業について知る

老人ホームでの夏祭り→高齢者と子供のかかわりを知る

部活の部長→子供と関わる仕事は周りの人と協力することで成り立つ仕事なので、中学~高校生までいる部員を束ねて色々な人と協力することを学ぶ。

自分がしてきた活動を通して何を学んだのか、そしてそれが志望学科にどう結びついたのかを考えると、アピール材料が出来ると思います。(N.Y.)

 

  • ○自己紹介文で注意したこと

・内容が他の提出物に書いたこととなるべく被らないように、自信を持っていることや自分の良いところをたくさん考えた。短所やマイナス表現は書かない(〇〇は苦手だけれど、それを克服した!など最後は絶対にプラスな言葉を) (Y.N.)

・相手が読むことを意識して丁寧な字で書くことと、話し言葉がまざっていないか、伝えたいことが文章に入っているかということです。(N.Y.)

 

 

【総合型選抜Ⅳ期のポイントを紹介】

①:生活デザイン学科・食物学科・児童学科の志望者は科目試験なしに志願できるチャンス!

②:アドミッションポリシー(東京家政学院大学生活デザイン学科食物学科児童学科)を理解していることが大切!

③:エントリー段階では入学検定料不要!(※出願許可判定結果を確認後、出願時に検定料納入)

 

【総合型選抜 課題型・活動報告型流れ】

  1. エントリー締切日:2月15日(月)※消印有効

  2. 面談日:2月26日(金※オンライン方式で実施するため安心して面談を受けることができます!

  3. 出願許可判定結果発送日:3月2日(火)

  4. 出願期間(消印有効):3月3日(水)~3月12日(金)※出願する際に入学検定料(30,000円)が必要です。

  5. 合格発表日:3月17日(水)
  6. 入学手続締切日:3月24日(水)

 

【総合型選抜 課題型・活動報告型の提出書類について

・課題型の提出書類について:エントリーシート・自己紹介文・課題

・活動報告型の提出書類について:エントリーシート・自己紹介文・活動報告書

※総合型選抜(課題型・活動報告型)のエントリーシート、自己紹介文、原稿用紙(総合型選抜用)及び活動報告書のダウンロードはこちらです。

※課題について:既に入試ガイドで公表している課題に追加して新型コロナウイルス感染症に関連した課題を追加していますので、 既に入試ガイドで公表している課題、または追加課題から1つ選択し作成してください※なお、課題の記入方法は学科によって異なります。
・(入試ガイド公表課題(デジタルパンフレット参照)https://www.d-pam.com/kasei-gakuin/206049/index.html#target/page_no=77

・(追加課題)https://www.kasei-gakuin.ac.jp/news/data/22837.html

 

 

・東京家政学院大学アドミッションポリシー(求める学生像)

  • 本学建学の理念、教育についての考え方に共鳴する人
  • 自ら率先して行動し、他者を理解しようとするあたたかな心を持つ人
  • 多面的な視点で、生活のあらゆる領域から社会を学ぼうとする好奇心に溢れた人
  • 歴史を振り返り、世界に視野を広げ、人間としての多様な生き方、働き方を求めたい人
  • 本学で学んだことを活かし、社会に貢献するために他者との協働を積極的に行う共感力を持とうとする人

 

・生活デザイン学科アドミッションポリシー(求める学生像)

  • 知識・理解

    ・高等学校で学習する範囲で、「衣」「住」「コミュニケーション・情報」「地域・園芸・ビジネス」「家庭科教育」に関係する知識を有し、それらの学習内容を理解している人

  • 思考・判断
    ・社会の中にある課題を身近な生活と結びつけてとらえ、自分の考えとしてまとめることができる人

  • 関心・意欲・態度

    ・「衣」「住」「コミュニケーション・情報」「地域・園芸・ビジネス」「家庭科教育」のいずれかの分野に関わる諸問題に関心を持ち、その解決策を立案しようという意欲を有する人

  • 技能・表現
    ・自分の考えを、他者に対してわかりやすく説明ができ、また文章や図表にまとめることができる人


・食物学科アドミッションポリシー(求める学生像)

  • 知識・理解

    ・高等学校で履修した主要教科の基礎学力を身につけている人

  • 思考・判断
    ・食生活の重要性を理解し、客観的で合理的な考え方と判断力をつけたい人

  • 関心・意欲・態度

    ・食べ物と健康、食生活に関心があり、食べ物と人との関わり、人々の健康の維持増進を食生活からアプローチしたいという意欲と情熱を持つ人
    ・食の安全・衛生やフードシステム、フードビジネスに関心があり、これらの分野において、企画・立案、及び課題解決を行うことに関心・意欲がある人

  • 技能・表現
    ・多様な人々や状況に対し、食品、栄養、調理・加工、教育など、その専門性を持って柔軟な対応ができ、建設的なアイディアの提案やコーディネートの技能を身につけたい人

 

児童学科アドミッションポリシー(求める学生像)

  • 知識・理解

    ・児童学を構成する6領域「子どもの保育」「子どもの教育」「子どもの福祉」「子どもの健康」「子どもの心理」「子どもの文化」を総合的に学ぶことができる基礎学力・理解力がある人
    ・子どもを取り巻く環境や、子どもの周囲の大人たち(保護者、保育者、教育者など)から積極的に学ぶことができる人

  • 思考・判断

    ・子どもたちから謙虚に学び、子どもの視点に立って考えることができる人
    ・人間の多様性を認め、柔軟に判断しようとする人

  • 関心・意欲・態度

    ・子どもをめぐる課題や問題に関心を持ち、積極的に情報を得ようとする人
    ・子どもの幸せと、健全で豊かな成長・発達に興味と関心がある人
    ・子どもたちのより良い未来を築くことに興味と関心がある人

  • 技能・表現

    ・本学科の特色ある授業に積極的に参加できる人
    ・基本的な表現力、コミュニケーション能力を身につけている人

戻る