東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

資料請求・お問い合わせ
東京家政学院大学YouTube公式チャンネル

ニュース・トピックス

【人間栄養学科】原光彦教授「Withコロナ時代の子どもの食事」についての提言が読売新聞に掲載されました

2021/05/07

 公益社団法人日本小児保健協会は、小児保健に関連する、医師、歯科医師、保健師、助産師、看護師、栄養士、保育士、教員など約3200名の多職種の会員から構成され、子ども達を取り巻く保健、医療、教育、福祉の向上を目指して活動を行なっています。

 人間栄養学科の原光彦教授は、令和2年度から日本小児保健協会の栄養委員会委員長に選出され、新型コロナウイルス感染症が蔓延する現在、可能な限り子供達の健やかな成長・発達を促すことを目的として、一般向けの「Withコロナ時代の子どもの食事」10の提言とQ&Aをまとめ、本年3月に日本小児保健協会のHP上に公開いたしました。

 この度、この提案が2021年5月7日発行の読売新聞の朝刊(くらし面)に掲載されましたので、子どもの食の問題に興味のある方は是非ご覧ください。

 なお、提言とQ&A全文は下記に示す小児保健協会のHPから、誰でも無料で閲覧できます。

 

⼩児保健協会 栄養委員会提⾔:With コロナ時代の⼦どもの⾷事 (PDF形式:267KB)

 

Withコロナ時代の子どもの食事-10の提言 (PDF形式:207KB)

戻る