東京家政学院大学 現代家政学部 現代家政学科
  • 現代家政学科へのお問い合わせ
  • 東京家政学院大学 現代家政学科の資料請求

現代家政学科ホーム > ニュース&トピックス一覧 > ニュース&トピックス

ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
【報告】本学科学生4名が富山県滑川市のモニターツアーに参加しました
2016年9月21日

滑川市(富山県)のモニターツアーに参加して

 8月29日から9月2日の4泊5日、富山県滑川市の魅力を発信するため、私たちはモニターツアーに参加しました。このツアーは、女子大生に、実際に滑川市に滞在してもらい、地元の人との交流や自然との触れあい等を体験して、市の良さに直に触れて、SNS等を通じ、滑川市の魅力を発信してもらうことを目的とした滑川市の企画です。私たちは、このモニターツアーで、様々な地元の人々との交流や自然との触れ合いを体験させていただき、滑川市の魅力に気づくことができました。

 4泊5日で主に体験させていただいたことは以下の通りです。
1日目:ほたるいかミュージアム
2日目(雨):かまぼこ細工体験
3日目:宿場回廊巡り、東福寺自然公園でバーベキュー
4日目:按田ぶどう園にてぶどう狩り、タラソピア、郷土料理体験
5日目:滑川市観光船富山湾岸クルージング

 今回、滑川市イメージアップのモニターツアーに参加し、私たちが個々で考えていたイメージと、実際に参加して感じた事や得られたことは大きく異なり、普段とは違う生活や自然の体験、数々の交流を通して滑川市の人々の温かさや住みやすさ、他にも様々な魅力に出会うことができました。今回はテーマごとに感想等を記したいと思います。

① 食について
 ツアーの中で私達は、滑川市の美味しい料理を沢山食べることができました。富山の海でとれた新鮮なお刺身、地元で有名なハンバーガー、自然を眺望しながら食べるイタリアンや海の幸など、どれも美味しいものばかりでした。 私たちの中で最も印象に残った食べ物は、地元の方々が教えてくださいながら作った滑川市の郷土料理です。郷土料理の献立は以下の通りです。

郷土料理.png



主食:ほたるいかご飯
主菜:白えびの天ぷら、白えびの昆布締め
副菜:かもうりのあんかけ
汁物:冷やしそうめん汁
漬物:深層水で漬けた野菜(胡瓜、蕪)
デザート:梨
その他:昆布かまぼこ

 
  


 滑川市で採れたものを、地元の方が作ってくださる料理は、滑川でしか味わうことができないものであり、食分野を学んでいる私達には大変興味深く、貴重な体験でした。 また、郷土料理作り体験を通し、地元の食文化や調理方法、食材の扱い方についても学ぶことができ、私達が普段学んでいることも生かしつつ新しい知識を得ることができました。

② 自然について
 滑川市に到着し、私達が一番に感じたことは、「空気がおいしい」ということでした。滑川市は山や富山湾などの自然に囲まれており、都会とは印象が異なり、穏やかで住みやすい場所であると思いました。
 東福寺自然公園でのバーベキューや按田ぶどう園でのぶどう狩りなどは山上のほうにありましたが、木々の自然、また美しい空気にリラックスし、海洋深層水を肌で感じることができるタラソピアやクルージングでは海洋深層水や富山湾などの海の美しさに触れることができました。
 自然体験を通し、滑川市ならではの素敵な大自然の魅力をもっと多くの人々に知ってもらいたいと思いSNSなどを利用し魅力を発信しました。

クルージング.png  ぶどう狩り.png

  ③ 歴史(宿場回廊)について私達は、三日目に宿場回廊を地元の方にガイドしていただき様々な宿場を巡りました。滑川市には歴史的建造物が多く、当時の地形や環境に合わせて建てられた建造物や時代背景に合わせた造りの物もあり、宿場回廊の建物を通し滑川市の歴史や当時の建築物や生活の様子について知ることができました。

rekisi.png  歴史的建造物.png

 私達は今回の4泊5日のモニターツアーを通して様々な体験をさせていただき、また、滑川市の方々と交流し、地域全体が家族のように暖かい方々が多く、滑川市は住みやすさもあり自然豊かな市であると思いました。
 また、モニターツアーを通し滑川市の魅力に気づくだけでなくSNSやメディアの重要性、都会との大きな違いについて知ることもできました。
 そして、普段私たちが普段学んでいること以外にも様々な体験を通し、新たな知識(食や文化など)を得ることができたので、今後の学校生活にも生かしていきたいと思います。

現代家政学科 2年  藤田 理紗子
松岡 美智 
中村 真理 
 徳永 眞理 


北國新聞記事
YAHOOJAPAN記事