東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

人間栄養学部 人間栄養学科

授業紹介

こんな学びがあります

臨床栄養ケアマネジメント実習

  臨床栄養ケアマネジメント論で学んだ、各種疾患の献立作成や調理実習を行います。減塩食、エネルギーコントロール食、たんぱく質コントロール食、脂質コントロール食、易消化食、嚥下食、治療用特殊食品を使用した調理実習など、一連の食事管理について学びます。また実際の栄養相談で患者さんにどのように伝えれば、より良い栄養管理が実施できるのか考察します。

食品衛生学

食品の安全、安心が求められる現代社会では、食品の衛生管理が大切で管理栄養士にもその責務が求められています。本講義では、さまざまな食品衛生に関することを学びます。

 

公衆栄養学

健康の保持・増進や生活習慣病予防を対象者に応じた取り組みを行う、知識・技法を学びます。これらプログラムの道筋に沿って鍵となる段階を理解し、評価の科学を系統的に学びます。

 

スポーツ選手の栄養学

アスリートのスポーツ競技や、子どもから高齢者の身体活動に必要な栄養について学びます。運動中の体の働きを観察したり、より良いスポーツ活動のための食事を理解したりします。

 

 

先輩の履修モデル

自分の目標や、興味のある分野によって、多彩な授業を組み合わせることができます。
先輩の履修モデルを少しだけご紹介いたします。

授業の復習はしっかり&実習で実践力を身につける

奥埜 仁絵 神奈川県/麻溝台高等学校出身

実習が多いので実践力が身につくこととスカラシップ入試制度が、進路の決め手となりました。現在は管理栄養士をめざして勉強中です。自分たちで栄養素などを計算して献立を考え調理する食事計画論実習は、とても勉強になりました。また、基礎と名のつく授業は覚えることが多いので、必ず復習をしています。管理栄養士に興味のある人は、高校のうちから調理経験を積むことをおすすめします。

  • 授業で使用する教科書

  • 実習でつくった献立

1年次後期の時間割

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 基礎サイエンス実験 食事計画論実習 解剖生理学Ⅱ   人間の体  
2 基礎サイエンス実験 食事計画論実習 給食経営管理論   コンピュータ演習b  
3 生化学 調理学 基礎食品学   有機化学  
4 Listening&Speaking2 基礎栄養学Ⅱ     考古学  
5            

 

管理栄養士に近づく成長を学びの力にする

島崎 春奈 東京都/東大和高等学校出身

妹の入院がきっかけで管理栄養士の存在を知り、病院で食を通じて人を健康にできる勉強をしたいと入学しました。卒業研究で週1回、病院で栄養指導を見学し研究をまとめていますが、現場ならではの学びに刺激を受けています。国家試験の勉強は忙しいですが、自分の成長がわかるので楽しいです。有意義な大学生活にするには目標を持つこと。挫けそうなときもまた一歩踏みだす力になると思います。

  • 国家試験対策の問題集

  • 研究室の仲間と考案した鯖バーグのパン粉焼き

3年次後期の時間割

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 食品の官能評価・識別論   公衆栄養学実習 臨床栄養ケアマネジメント実習    
2   臨床栄養ケアマネジメント論 公衆栄養学実習 臨床栄養ケアマネジメント実習 栄養教育実習Ⅱ  
3     健康福祉学概論   環境と資源  
4 フードシステム論          
5 食物・栄養演習A 食物・栄養演習A 食・空間プロデュース論      

※旧カリキュラムの時間割です。

 

 

先輩の履修モデル(平成30年度)

管理栄養士

宇田川 夏実

実践的学びで得た専門知識で患者さんが笑顔になる治療食を提案していきたい!

実習で治療食をつくったり、献立を作成したりすることで、多くの気づきがありました。ここでの学びを活かし、おいしい食事を提案し患者さんを笑顔にできる管理栄養士をめざします。

  • 静かで落ち着いた空間の附属図書館。快適に勉強ができる、お気に入りの場所。試験前や空き時間によく利用しています。

  • 食事療法による介入などを学ぶ「臨床栄養学」は、大好きな授業。疾患別に整理したノートを自作し、勉強しています。

  • お菓子を食べながら、友人と会話しながら、楽しく勉強をしたいときは、ローズホールが定番です。

  •  
  • 国家試験対策の一問一答集。厚いので分野ごとに製本し直して持ち歩き、友人と問題を出し合ったりしています。

  • 長期休暇には、自分たちでプランを立てて、旅行に行くのが恒例に。テストで頑張ったご褒美です。


  •  

  • ●学科を選んだ理由:好きな「食」分野で専門知識を得て、幅広い対象者の栄養相談をするため。
  • ●学科の魅力:学内外での実習が多く、実践的学びと座学で得た知識が深まるところ。
  • ●目標&夢:周囲への配慮を忘れない、現場で頼りにされる管理栄養士になること。

 

就業力を高めるプログラム

人間栄養学原論

人の健康や栄養状態を診断し、適切な栄養管理を実施するための準備学習です。具体的には、人間の食生活が、栄養や嗜好だけではなく、人間を取り巻く地域の自然・社会・経済・文化などの条件や歴史的変遷と密接にかかわって形成されていることを学び、人間栄養学の必要性を理解します。

応用食品学実験

応用食品学実験を通して、食品の持つ機能、安全性を高める貯蔵・加工法とその原理を学びます。また、さまざまな手法による、食品の加工過程で起きる変化を観察します。さらに、伝統食品の知識や新しい加工技術なども学びます。

応用栄養学実習

栄養管理の実践能力を養うために、栄養管理の手順に沿って実際に栄養管理計画を立てます。具体的には、乳幼児や学童期、妊産婦、高齢者などの対象者ごとに、身体状況や栄養状態に応じた栄養ケアやサポートの計画を立案します。また、献立を作成し、実際に調理も行います。

食物・栄養演習B,C,D,E

管理栄養士国家試験に向けて、全科目の学びを網羅した授業で、3年次後期のAから4年次通年に設置されています。科目の相互のかかわりを整理しながら、国家試験問題に対応できるよう、また自己学習を確立できるよう演習形式で授業を行います。教員はもちろん、国家試験対策室が学生の学びをバックアップしています。

 

 

家政学院がもっとわかる!