東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

資料請求・お問い合わせ
東京家政学院大学YouTube公式チャンネル
現代生活学部 現代家政学科(千代田三番町キャンパス)Department of Modern Home Economics

授業紹介

こんな学びがあります

基礎ゼミ

  総合家政・食生活・ハウジング・ファッションの4つの領域を学べる現代家政学科の1年次の必修科目「現代家政演習」「基礎ゼミ」では、それぞれの領域での学びの特色や、先生たちの研究内容などに幅広く触れ、高校時代にはまだ気づくことのできなかった学びの可能性に出会うチャンスがあります。
企業の方による講演のほか、ゼミ形式で学びの成果の発表、キャンパスを飛び出して企業や学外の施設の見学などを通して、生活と社会の問題は密接に関係していることを体感し、4年間の学びの方向性を探っていきます。

 

エコロジー

  「環境問題」は、私たち人間が便利に生活すればするほど大きくなっています。例えば、私たち日本人が“回転寿司”を食べれば食べるほど、地球は暑くなること知っていましたか? 近頃、話題のヒートアイランド現象。本当に都心は何処でも暑いのでしょうか? 水や食糧、公園など身近なものから環境と生活のかかわりについて、見学や実習を通して実感しながら理解を深めます。

 

社会調査法

社会調査の目的やさまざまな種類、方法を学びます。データの読み取り方、適切な質問や選択肢の設定など、社会調査の企画や実施、結果報告に必要な知識と技術を身につけます。

 

食生活演習

企業や農協組織等とも連携しながら、「健康」、「素材の利用拡大」などのコンセプトに沿ったレシピ提案等を通して、私たちの食生活をより豊かにするための学びと実践を行っています。

 

建築調査

歴史を活かしたまちづくりについて、実際に歴史的建造物や町並みを見学しながら学びます。上野公園周辺の見学では、江戸時代から現在までの建築から、東京の歴史を実体験します。

 

美と健康

私たちが考える「美しい」という概念はさまざまです。美の多様性を理解し、心身が健康で美しく生きるための姿勢を学びます。美容のプロによる肌ケアなどの実践的な学びも行います。

 

 

先輩の履修モデル

自分の目標や、興味のある分野によって、多彩な授業を組み合わせることができます。
先輩の履修モデルを少しだけご紹介いたします。

将来は家庭科を楽しんで学べる場所をつくりたい

K・A 茨城県/水海道第二高等学校出身

いくつか大学のオープンキャンパスを訪ね「家庭科の先生になりたい」と相談したところ、先生が教職について最も詳しく、かつ親身に話をしてくださったのが本学だったんです。大学で専門性の高い授業を受けているうちに、先生になるという目標と並行して「家庭科塾の設立」という新たな夢ができました。専門の知識や技術はもちろんのこと、千代田KVA祭(ローズ祭)実行委員会の副委員長を務めて培った対人調整スキルも活かし、老若男女すべての方に楽しんで家庭科を学んでもらえる場所をつくりたいです。

  • 皆で制作したローズ祭の門

  • 授業で使用した教科書

3年次後期の時間割

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1   フード
コーディネート論
       
2 日本の服飾演習 家族の文化     社会学入門  
3 食と社会 栄養学 家政学原論 現代家政ゼミB    
4     家庭科教育法D      
5         保育学  

 

先輩の履修モデル(令和元年度)

家庭科教諭をめざしながら、課外活動にも積極的に参加

M・T 埼玉県/越谷総合技術高等学校出身

衣食住をバランスよく、かつ総合家政という分野からも家庭科について学べる点に惹かれ、現代家政学科を志望しました。さまざまな資格取得が可能で、私は家庭科教諭をめざしています。課外活動としてはローズ祭実行委員の副委員長を務めたほか、学生スタッフとしてオープンキャンパスで学科の魅力を高校生に紹介しています。受験生の皆さんもぜひ、大学で興味のある分野を追求してください。

  • ローズ祭実行委員会の仲間と

  • ファッション販売能力検定3級を取得

2年次前期の時間割

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1       現代生活論    
2 栄養学概論 レシピの比較文化史     食品学  
3 ファッション販売論 食品学実験 女性史   健康スポーツ演習
a
 
4 食品衛生学 食品学実験 家族支援論   教育相談論  
5 家庭科教育法A   教育原理      
6 教育課程論          

好きという思いを形にしたくて資格を取得

K・Y 青森県/青森高等学校出身

衣食住を総合的に学べる点に魅力を感じ、この学科に進みました。料理人である父の影響でとりわけ食に興味があり、フードスペシャリストの資格を取得。また、博物館が好きという思いを形にしたいと思ってめざした学芸員の資格も取得見込みです。4年間でいちばん印象深い授業は「調理学実習」です。調理の面白さを実感し、授業内容はすべてノートに記録。お節料理も毎年作るようになりました。

  • 「調理学実習」の自作ノート

  • 自作のお節料理

3年次前期の時間割

  Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 食品の官能評価・鑑別演習          
2 食品の官能評価・鑑別演習 食生活演習 博物館資料保存論 食文化演習 ソーシャルワーク論  
3         伝統文化の継承と発信  
4   江戸東京の文化 栄養学 博物館情報・メディア論 心理学b  
5 食料経済   民俗学 食文化論    

 

授業Pick up

家庭科教育法

衣食住のエコなライフスタイルやSNSを活用した消費生活を提案する“模擬授業”など、生徒の興味関心を引き出しながらアクティブに学ぶ家庭科をつくります。

プロシューマー実習

食品ロス削減をテーマに生活調査を実施し、女性農業者や行政やメーカー・流通・小売事業者と消費者が連携した「おいしい食べきり運動」などを提案します。

建築調査

空間の把握の第一歩は“体験”です。実際の建築を見学し、理解を深めるとともに、スケッチや実測の実習を通して、空間の表現方法を学びます。

ファッションコーディネイト

多様なファッションデザインを、パーソナル特性、オケージョン、シーズン、デザインイメージなどを踏まえて、イメージマップにまとめることでコーディネートを学びます。

 

 

家政学院がもっとわかる!