山村 明子 教授

研究分野

  • 服飾史
  • 服飾文化

主な研究テーマ

  • 近代日本の家庭の中の衣生活
  • ヴィクトリア朝期のレジャースポーツと女性の服装
  • 現代日本の和服文化のファッション化
研究キーワード

#近代服飾史 #現代服飾文化

受験生へのメッセージ

いま一番関心を持っていることは「家庭の中での衣生活」です。これまでの服飾史研究では、人の目に触れる外の世界のことを語ってきました。しかし、他人の目に触れない家の中で何を着ているのか、というテーマは家庭生活とは何か、家族とは何かといった家政学のテーマを考える切り口になると思います。服飾というとても身近なテーマから、思考する力を身につけていってもらえたら嬉しいです。

主な担当授業科目

学部

西洋服飾文化史、若者ファッション論、世界の服飾、美と健康、現代衣生活論、ファッション造形学、ファッションコーディネイト、衣生活学概論、現代家政ゼミA、現代家政ゼミB、卒業研究A、卒業研究B、現代家政演習基礎ゼミ

大学院

家政学総合特論、服飾文化特論

関係するSDGs

氏名

山村 明子(やまむら あきこ)

職名

教授・副学長

専門分野

西洋服飾史、服飾文化

科学研究費細目名

生活科学、衣・住生活学

リサーチマップ

学歴

日本女子大学大学院家政学研究科被服学専攻修了

学位

博士(学術)

主な職歴
  • 日本大学国際関係学部副手
  • 青葉学園短期大学家政学科助手
  • 一宮女子短期大学講師
  • 大阪女子学園短期大学講師
  • 大阪女子学園短期大学助教授
  • 東京家政学院大学家政学部講師
  • 東京家政学院大学家政学部准教授
  • 東京家政学院大学現代生活学部准教授
所属学会
  • (一社)日本家政学会、国際服飾学会
  • (一社)繊維製品消費科学会、服飾美学会
職務上の実績(主な研究業績・社会活動等)
  • 楊洲周延作「貴顕舞踏の略図」に関する一考察(日本家政学会誌) 
  • 大正期の家事労働と主婦の装い(日本家政学会誌)
  • 英国との比較における明治以降の主婦の装い(日本家政学会誌)
  • 19世紀末から20世紀初頭のレジャースポーツにおけるイギリス女性服飾の転換-ゴルフを中心に-(服飾美学)
  • 19世紀末イギリスにおけるイートンジャケットの流行に関する一考察(日本家政学会誌)
  • 19世紀イギリスにおける女性の装いと意識-スイス旅行と登山からの検討-(日本家政学会誌)
  • ヴィクトリア朝の女性たち ファッションとレジャーの歴史(単著,原書房)
  • 新版 家政学事典(共著,朝倉書店)
  • シリーズ生活科学 ファッションの歴史―西洋服飾史―(共著,朝倉書店)