小川 圭子 准教授

研究分野

  • 住居学
  • まちづくり
  • 茶室

主な研究テーマ

  • 建築家と作品に関する研究
  • まちづくりに関する研究
  • 茶室に関する研究
研究キーワード

#住宅 #建築家 #近代建築 #まちづくり #茶室

受験生へのメッセージ

「住居学」は、暮らしやすい住まいを追求する学問です。そのために、何が必要か「ソフトとハード」の両面から考え、具体的な住まいを「デザイン」します。
また、「まちづくり」は、既存のまちをより良く作り直すことを意味します。各々の地域には様々な歴史的蓄積と課題がありますが、それらをまちづくり活動を通して総合的な魅力へと「デザイン」することを目指します。
「住居学」「まちづくり」について一緒に学びましょう。

主な担当授業科目

学部

住居デザイン演習A、住居デザイン演習B、住生活論、地域デザイン論、生活デザイン演習A、ゼミナールA、ゼミナールB、卒業研究A、卒業研究B

関係するSDGs

氏名 小川 圭子(おがわ けいこ)
職名

准教授

専門分野

住居学

科学研究費細目名

衣・住生活学、都市計画・建築計画、建築史・意匠

リサーチマップ

学歴

工学院大学大学院工学研究科建築学専攻博士後期課程修了

学位

博士(建築学)

主な職歴
  • 東京家政学院大学現代生活学部助手
  • 東京家政学院大学現代生活学部生活デザイン学科助教
  • 東京家政学院大学現代生活学部生活デザイン学科准教授
所属学会
  • 日本建築学会
  • 都市住宅学会
  • 日本家政学会
  • 人間・環境学会
  • 日本都市計画学会
職務上の実績(主な研究業績・社会活動等)
  • 昭和40年代柿生農協による住宅相談事業における中原暢子設計の農家住宅についての考察(日本家政学会,単著,2017)
  • 建築家中原暢子の茶室設計の系譜(紀要,単著,2017)
  • 伝統的和風住宅への回帰(日本建築学会(中国)学術講演梗概集,単著,2017)
  • 構造及び構法から見た作品の特徴と混構造に関する考察(日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集,単著,2019)
  • 中原暢子設計の長覚院におけるHPシェルと伝統の融合に関する研究(日本建築学会計画系論文集,第84巻,第763号,共著,2019)
  • 中原暢子設計の「辻別邸」における斜材丸太柱使用の設計意図に関する考察(日本建築学会技術報告集,第26巻,第62号,共著,2020)
  • 建築家・中原暢子の生涯における主要な作品と設計思想に関する研究(工学院大学大学院工学研究科,単著,2021)