東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

大学案内

理念・沿革

女性が女性らしさを見つめ、そしてその真価を探究していく家政学は、その代表的な学問といってもいいかもしれません。
1923年の創立以来、東京家政学院は、つねに科学の目から女性の新しい生き方を探ってきました。

創立者について 〜大江スミがめざした「家政学」の理想〜

東京家政学院 創立者 大江スミ

社会の基礎単位である家庭生活の課題を発見・解決することによって、社会生活それ自体を豊かにする—1923(大正12)年、大江スミは社会で女性が果たす役割と、そうした「家政学」の重要性を確信し、東京家政学院の前身である家政研究所を設立しました。

イギリス留学中にヨーロッパ諸国を旅して回り、各国の女性たちの働きながら子育てをするうえでの課題や社会活動を目にした大江スミは、女性の社会進出がわが国に浸透するずっと前の時代から、先見的な「家政学」に発展的社会の理想像を見いだしていたのです。

大江スミが掲げた「人々のしあわせにつながる家政学」は、現在まで本学に脈々と受け継がれています。

建学の精神

[Knowledge]知識の啓発 [Virtue]徳性の涵養 [Art]技術の錬磨
知識(Knowledge)の啓発→知識を高める,徳性(Virtue)の涵養→徳性(人間性)を養う,技術(Art)の錬磨→技術を磨く

この頭文字をとって【KVA精神】と呼んでいます。

校章の由来は、愛と純潔の象徴であるバラの花に、建学の精神であるKnowledge・Virtue・Artを組み合わせたもので、良き社会人・家庭人を育成することが建学の精神であることを示しています。

沿革

1923(大正12)年
家政学の権威大江スミ、東京市ヶ谷に「家政研究所」を設置。
1925(大正14)年
「東京家政学院」を設立、麹町に校舎が完成。
1927(昭和2)年
「東京家政専門学校」を設置。
  • 婚礼の着付けの第一人者である初代遠藤波津子先生による「着付けと理容」(昭和2年)

  • 自動車が普及する前の「運転実習」に使われたのは生産台数10台のダットサン(昭和7年)

  • 感謝祭風景 ―ビン詰販売ー(昭和9年)

  • 帝国ホテルにて試食会(昭和12年)

  • 当時の一流料理人による「調理デモンストレーション」(昭和14年)

  • 「調理実習」は農作物を育てるところから調理まですべてを体験(昭和14年)

1950(昭和25)年
「東京家政学院短期大学」を設置。
1951(昭和26)年
財団法人を学校法人に改組。
東京家政学院短期大学に「別科」を設置。
1963(昭和38)年
「東京家政学院大学/家政学部 家政学科」を設置。
1967(昭和42)年
大学家政学部家政学科に「家政学専攻」および「管理栄養士専攻」の設置が認可。
1984(昭和59)年
大学家政学部に「住居学科」を設置。
短期大学に「英語科」を設置。
町田校舎を開設。
1988(昭和63)年
大学に「人文学部/日本文化学科・工芸文化学科」を設置。
1993(平成5)年
短期大学「家政科」を「生活科学科」と名称変更。
1994(平成6)年
短期大学「別科(家政学専修)」を「別科(生活科学専修)」と名称変更。
1995(平成7)年
東京家政学院大学大学院人間生活学研究科生活文化専攻修士課程を設置。
1999(平成11)年
短期大学英語科を改組して人文学部に「人間福祉学科(社会福祉専攻/介護福祉専攻)」「文化情報学科(文化情報専攻/比較文化専攻)」を設置。
2004(平成16)年
短期大学生活科学科に全国初の食品バイオ専攻を設置。
2005(平成17)年
大学家政学部に児童学科を設置。
2007(平成19)年
大学院人間生活学研究科が男女共学となる。
2010(平成22)年
現代生活学部/現代家政学科・健康栄養学科・生活デザイン学科・児童学科・人間福祉学科を設置。
2011(平成23)年
「千代田三番町キャンパス」と「町田キャンパス」の2キャンパス制がスタート。