学科情報

【児童学科】2018年度第9回森のようちえん活動報告「ちょっと早い芋掘り」

 

今日は、前回のお約束のサツマイモ掘りをしました。秋のサツマイモは焼き芋にして食べると美味しいのですが、安納芋と紅はるかがどのくらい大きくなっているか、ちょっと掘ってみました。全体的にはまだまだ小さかったのですが、大きいのは20cm位になっていました。天ぷらにしたり味噌汁に入れて食べると美味しそうです。サツマイモの葉っぱにはバッタがたくさん止まっていて、バッタを捕まえたり、サツマイモを食べているエビガラスズメの幼虫を捕ったりと大忙しでした。ツルも沢山伸びていてまだまだサツマイモが大きくなるようなので、しっかりと土をかけてツルを戻して秋にまた大きなサツマイモを採れるようにしました。

ヤマボウシの実が赤くなり、子ども達はとっても興味を持っていました。柔らかいような堅いような面白い弾力なのかな?秋が待ち遠しいね。

>

 

森のようちえんについて(過去の「森のようちえん活動報告」もご覧いただけます)

メールマガジン
登録受付中

メルマガ登録のメリット

  • イベント情報をイチ早くお届け
  • 最新ニュースをチェックできる
  • 東京家政学院大学の活動がわかる