お知らせ

研究者のサポーターとなりプロジェクトを応援する新たな仕組みをスタート!

クラウドファンディングと大学の双方で研究者のプロジェクトを支援

学長 鷹野 景子

 

東京家政学院大学では、環境問題などの地球規模の課題に対して、家政学(生活科学)の視点から研究に取り組んでいます。

この度、本学は日本初の学術系クラウドファンディング「academist」を運営するアカデミスト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:柴藤亮介)とクラウドファンディングパートナーシップ契約を結び、クラウドファンディングと大学の双方で研究者を支援する取り組みを始めました。

このクラウドファンディングは、学内研究者がインターネットを介して自分の研究や夢を配信することで、その思いに共感した人たちがサポーターとなり、一緒になって研究者を支援する新たな仕組みです。

本学では、今回、2つの寄付型クラウドファンディングによるプロジェクトを12月15日に公開し、サポーター(応援者)の募集を始めました。そのプロジェクトは、「子どもの感受性を育む幼児教育を広めたい!」、チャレンジャー:吉永早苗(現代生活学部児童学科 教授)と、「ポリ乳酸繊維の活用で、衣服の環境負荷低減へ!」、チャレンジャー:花田朋美(生活デザイン学科 准教授)です。プロジェクトの詳細並びに寄付の仕方については、アカデミスト㈱のホームページ(https://academist-cf.com/)に掲載されています。なお、クラウドファンディングの実施期間は2021年12月15日から2022年2月17日となります。是非、皆様のお力添えをお願いいたします。

 

 

メールマガジン
購読者募集!

メルマガ登録のメリット

  • イベント情報をイチ早くお届け
  • 最新ニュースをチェックできる
  • 東京家政学院大学の活動がわかる