東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

人間栄養学科(千代田三番町キャンパス)Department of Human Nutrition

卒業後のビジョン

卒業後のビジョン

食を通して人々の健康を支えるスペシャリスト

  • 傷病者の栄養管理を担う病院の管理栄養士
  • 地域包括ケアを担う高齢者の低栄養・生活習慣病の重症化予防を担う管理栄養士
  • 地域の人々の健康と食生活の向上に貢献する行政の管理栄養士
  • 子どもたちに適切な給食を提供する学校・保育所の栄養士
  • 食育の授業を担当する栄養教諭
  • トップアスリートやスポーツ愛好家に食事や栄養のアドバイスをするスポーツ栄養士
  • 食品メーカーでマーケティングリサーチや商品開発に携わる専門職
  • フードサービス産業においてメニューを開発する食のスペシャリスト など

取得可能な資格はこちら

内定までのみちのり

人間栄養学科で
管理栄養士の夢に向かって
健康栄養学科(現・人間栄養学科) 田上 ひとみ 神奈川県/厚木東高等学校出身
内定
聖マリアンナ医科大学病院

3年次に臨床栄養臨地実習で病院に行きました。管理栄養士の先生が栄養サポートチームの中心となって活躍しているのを見て、私も病院で働きたいと強く思いました。病棟回診の際は、管理栄養士の先生が医師と適切な栄養管理についてディスカッションを行っており、自信と誇りを持って働くその姿がとても格好よく憧れました。就職後も勉強を怠らず、患者さんの気持ちを大切にしながら、周囲に頼りにされる存在になれるよう頑張ります。

大学時代の4年間 ~成長の軌跡〜

1年次

「基礎栄養学」や「基礎食品学」、「生化学」などの授業で基礎を徹底して身につけます。知らない単語がいっぱいで、最初はなかなか知識が定着せず、覚えることが多くて大変でした。でも「2年、3年次の実習を楽しく実りあるものにするためには今が大切!」と思い頑張りました。

2年次

「給食経営管理実習」で大量調理、衛生管理、献立作成などを学びます。基礎知識がきちんと身についていることを、実習を通して実感。気づきが増えて授業が一層楽しくなりました。

3年次

「臨床栄養アセスメント実習」、「臨床栄養ケアマネジメント実習」などで疾患に合わせた栄養アセスメントや治療食の献立、栄養指導に使う媒体の作成などを学びました。

4年次

「食物・栄養演習B・C・D・E」で管理栄養士国家試験対策をしながら就職活動を行いました。心がけたのは、授業でわからない部分があれば先生にすぐに質問し、不明点をそのままにしないこと。先生方は親身でいつでも質問や相談に応えてくださるので、不安に陥ることなく勉強を進められました。学内企業説明会は人数が少なく質問もしやすいため、参加してよかったです。

管理栄養士

高度な専門知識や技術を持って、健康な方、病気を患っている方や高齢者など特別な配慮が必要な方を対象に個人に適した栄養教育や栄養管理ならびに特定多数人を対象に利用者に適した給食管理を行います。


どうすれば取得できる?
厚生労働大臣から免許を受けた国家資格であるため、国家試験を受験し、合格することが必要です。また国家試験の受験資格は、管理栄養士養成施設では、所定の専門課程を修得した「卒業見込み」の者に与えられます。栄養士養成施設を卒業した場合には、都道府県知事から栄養士の免許を受け、所定年数の栄養士実務経験を積んだ者に与えられます。

 

 

就職実績

就職実績はこちら

卒業生のメッセージ

地元市民の方々の健康な暮らしを支援するうえで
管理栄養士の資格を最大限に活かしています
千葉県/柏市役所 保険年金課 勤務
木所 里実
取得した
免許・資格
◎栄養士 ◎管理栄養士 ◎フードスペシャリスト

 

好きな食物関係の仕事に就くことを目標に、東京家政学院大学に入学しました。管理栄養士の資格と地方公務員の職を得られたのは、学科での具体的な指導と3年次から受講した公務員試験対策講座のおかげです。今は市役所で特定健診や特定保健指導に携わっています。内容は市民の方々の健診結果をベースにした生活習慣病の予防支援。体重や腹囲、血糖値などのデータをもとに、お一人ずつの健康課題と向き合い、食事や運動による改善プランを提案しています。面談をして、提案をご理解いただくにはコミュニケーション力も大切です。学んだことすべてが市民の方々の健康な暮らしに役立てられるのは、うれしい限りです。感謝の言葉をいただく時は心からやりがいを感じます。

卒業生就職先の声

チーム医療の一員として日々真剣に取り組み栄養面からサポート
公益社団法人 東京都教職員互助会 三楽病院
栄養科 科長
難波 春子 さん

卒業生は2名在職しており、栄養指導、入院患者さまの栄養管理を担当するほか、チ ーム医療の一員として栄養サポートや糖尿病チーム医療、特定保健指導にも参加し、臨床栄養管理、給食管理にも従事しています。セミナーに積極的に参加し研さんを重ねつつ、課題に対し日々真剣に取り組む姿は、栄養科はもちろん他職種からも信頼を得ています。

 

家政学院がもっとわかる!