東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

現代生活学部 現代家政学科(千代田三番町キャンパス)Department of Modern Home Economics

卒業後のビジョン・卒業生のメッセージ

卒業後のビジョン・卒業性のメッセージ

くらしの新しい価値を構築し、プランニングできる人

  • 次世代の生きる力を育てる中学・高等学校家庭科教員
  • 生活者のニーズにこたえる衣食住各分野のプランナーやコーディネーター
  • 企業のお客様相談窓口、消費生活のアドバイザー
  • 博物館・美術館など教育・文化施設の学芸員・専門スタッフ
  • 医療・福祉施設での生活弱者に対するサービス・相談のスペシャリスト
  • ショップの企画・運営
  • 企業の環境部門担当
  • 生活と経済の課題を考える保険、金融、証券業のアドバイザー など

取得可能な資格はこちら

内定までのみちのり

地域活性化の多様な取り組みに
家政学の知識を活かしたい
髙橋 知佳子
内定
西武信用金庫

1年次の必修科目で、いくつかの企業の方から仕事について直接お話を伺ったことで、早い時期から就職活動に対する意識が高まったように思います。中でも西武信用金庫の業務推進企画部の方のお話で、金融機関はお金を扱うだけでなく、物産展のイベントやビジネスフェアの運営など幅広い視点で地域の活性化に取り組んでいるということを知り、自分が学んでいる食を中心とした家政学の知識が活かせるのではないかと興味をもちました。幸い総合職として内定をいただき、研修後は営業中心の業務に携わる予定です。さまざまな経験を積んだ後、地域活性化に関わる業務の一員になることが現時点での目標です。

大学時代の4年間 ~成長の軌跡〜

1年次

もともと関心があった「食」やガイダンスで興味をもった「生活ビジネス」に関する授業を中心に選択。
学内の対策講座を受講しファイナンシャルプランナー3級の資格も取得しました。

2年次

フードスペシャリストの資格取得に向け食品学実験や栄養学などを受講。
社会学入門や経済学入門など幅広い分野も学びました。普通自動車運転免許と情報処理技能検定(表計算・2級)も取得。

3年次

食だけでなく生活ビジネス分野も選択。ツーリズムを学ぶうち「地域活性化」に興味が深まりました。
就職試験対策として、基礎数学、英語検定対策講座などの基礎科目も受講。

4年次

就職を希望した信用金庫でも取り組んでいる「地域活性化」という視点から、
地域の伝統野菜「江戸東京野菜」の流通と活用について、文献調査や実地調査での研究を進めました。

 

就職実績

就職実績はこちら

卒業生のメッセージ

甘やかさないのは、
生徒のためを思うから
埼玉県三郷市立彦糸中学校 勤務
長井 真奈美

教師のやりがいを強く実感できるのは、授業を通じて知識や技術を伝えることで生徒の「?」が「!」に変わる瞬間です。「?」の中身はその場面や生徒によって異なります。ですから、臨機応変に成長の種を刺激するためには、生徒一人ひとりを理解することが欠かせません。教師と生徒としてのけじめも大切にしつつ、日常的なコミュニケーションを図るようにしています。挨拶の仕方や敬語の使い方など細かい部分に対しても、良い、悪いをその都度きちんと示すことが、本当の意味での「生徒のため」だと思います。人として自立ができ、他者を思いやれる生徒をたくさん育てたいですね。

家政学院がもっとわかる!