東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

キャンパスライフ

ハラスメント対策

セクシャル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメントとは

「セクシャル・ハラスメント」とは、行為者本人が意図すると否とに関わらず、相手方にとって不快な性的言動として受け止められる、次のような行為をいいます。

地位利用型・対価型

職務上又は、教育・研究上の地位を利用して、あるいは、利益若しくは不利益を条件に、性的要求をすること

  • 成績評価や就職の便宜をはかるのと引き換えに性的要求を迫る
  • 性的な要求を拒否したために、成績評価点を落としたり、就職の妨害をしたりする など

賄型

一方、「アカデミック・ハラスメント」とは、教育研究上で、一方的に、差別的、あるいは暴力的な指導を受けたりすることで、学生と教員、教員と職員、あるいは学生・教員・職員同士といった一定の関係にある者が、地位・立場・力関係を利用して相手に不利益な行為を強いる、次のような行為をいいます。

  • 言葉の暴力
  • 「あなたはやっぱりダメだ」、「こんなこともできない」等、全てを否定する言い方
  • 「大学をやめたら」、「卒業させない」等、退学や留年勧奨
  • 指導拒否、指導・授業の放棄
  • 学習妨害
  • えこひいきや、必要以上に厳しい課題・指導
  • 私的な用事、お茶くみ等の雑用
  • 私生活への干渉 など

セクシャル・ハラスメントもアカデミック・ハラスメントも、教員と学生の間だけではなく、サークルやゼミの先輩と後輩、同級生同士であっても許されません。 その他に「一気飲みの強要(アルコール・ハラスメント)」や「ストーカー行為」も人権侵害となります。

もし、セクシャル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント等にあったら

1.相手に伝える

あなたが、相手方の性的言動を不快だと感じたら、相手に対して、言葉と態度ではっきりと「自分は望んでいない」こと、「不快である」ことを伝えて下さい。

2.記録を取る

あなたにとって不快な性的言動が「いつ・どこで・だれから・どのようなことをされたか」などについて記録をとって下さい。

3.相談する

セクシャル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント等にあった時には、すぐに誰かに相談するか、本学の相談員に相談して下さい。 本学には、セクシャル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント等に関する窓口が設置されています。秘密は厳守されますので、一人で悩まず相談に来て下さい。所属する学部・学科あるいは部署にこだわらず、自由に連絡を取って下さい。

相談方法

  • 直接相談員を訪問する
  • 電話あるいは学内メールで連絡する
  • 学生相談センター前の相談箱へ投函する

相談から解決まで