東京家政学院大学 Tokyo Kasei Gakuin University

世の中が変わる、家政が変える

入試情報

大学院 入試概要

東京家政学院大学・大学院の求める学生像(Admission Policy)

〇本学建学の理念、教育についての考え方に共鳴する人
〇自ら率先して行動し、他者を理解しようとするあたたかな心を持つ人
〇多面的な視点で、生活のあらゆる領域から社会を学ぼうとする好奇心に溢れた人
〇歴史を振り返り、世界に視野を広げ、人間としての多様な生き方、働き方を求めたい人
〇本学で学んだことを活かし、社会に貢献するために他者との協働を積極的に行う共感力を持とうとする人

人間生活学研究科の求める学生像(Admission Policy)

〇知識基盤社会を多様に支える高度で知的な素養のある人材、あるいは高度な専門的知識・能力を持つ専門職業人を目指し、これまでに培った学識や能力を基盤に、学術の理論及び応用の深奥を究めようとする好奇心の強い人、又、多様な経歴や価値観を持った人を幅広く求めている。

(知識・技能)専攻分野を広く学び、有為な人材として社会で活躍するために必要な高度な知識・技能を身につけたい人。

(思考・判断)人間生活に係る諸問題を発見し、学際的、実践的な研究を通じて、人間生活の本質的な価値を追究したい人。

(関心・意欲・態度)人間社会の多様な営みに興味・関心を持ち、生活の質の向上と人類の福祉に貢献したい人。

(表現)他者を理解した上で、自らの見解を形成し、それを豊かに表現する能力を培いたい人。

 

家政学専攻の求める学生像(Admission Policy)

〇これまでに培った家政学の学識や能力を基盤に、学術の理論及び応用の深奥を究めようとする好奇心の強い人、又、多様な経歴や価値観を持った人を幅広く求めている。

(知識・技能)家政学を構成する家庭経営、被服、住居、食物及び子どもの領域に加え、福祉学、教育学を総合的に学び、高度で広範な知識・技能を身につけたい人。

(思考・判断)生活者と社会の多様性を踏まえ、その普遍性と特殊性を理解し、客観的に分析・判断する力を身につけたい人。

(関心・意欲・態度)生活上の問題に直面している人々に対し、問題点を論理的に解析し、解決法を持って質の高い生活の支援を行いたい人、次世代に向けて家庭科教育を通して良い生活を提言することに意欲がある人。

(表現)他者を理解した上で、自らの見解を形成し、それを豊かに表現する能力を培いたい人。

 

栄養学専攻の求める学生像(Admission Policy)

〇これまでに培った栄養学の学識や能力を基盤に、学術の理論及び応用の深奥を究めようとする好奇心の強い人、又、多様な経歴や高い倫理観をもった人を幅広く求めている。

(知識・技能)食品に関わる領域、健康に関わる領域、そして、その関係性や実践に関わる領域を広く学び、高度な知識・技能を身につけたい人。

(思考・判断)食と栄養を中心に、人を取りまく環境に係わる今日的な健康問題を把握し、これを解決する方法について、科学的根拠に基づき探究したい人。

(関心・意欲・態度)学術の急速な進歩と社会構造の変化に関心を持ち、健康の維持・増進並びに疾病の予防に貢献したい人。

(表現)他者を理解した上で、自らの見解を形成し、それを豊かに表現する能力を培いたい人。

 

募集人員

研究科 専攻 募集人員 備考
人間生活学研究科 家政学専攻 6名 募集人員は全ての選抜試験及び入試日程を含む。
栄養学専攻 4名

標準修業年限

2年(長期履修学生制度については、募集要項の第9項を参照のこと)

出願資格

出願を希望する者は、出願受付開始日の1ヶ月前までに本学の入試広報グループへ連絡し、出願資格・研究内容等に関する相談を行うこと。

一般選抜試験

4月入学生については2020年3月31日、9月入学生については2020年9月20日までに次の(1)~(9)のいずれか一つに該当する者
(1)学校教育法第83条に定められた大学を卒業した者
(2)学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者
(3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した者
(4)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者(5)我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者(6)外国の大学その他の学校において、修業年限が3年以上である課程を修了することにより、学士の学位に相当する学位を授与された者(7)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であること、その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
(8)文部科学大臣の指定した者
(9)本学大学院において、個別の出願資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達した者

社会人特別選抜試験

一般選抜試験の出願資格のいずれかに該当する者で、入学時に出願資格取得後2年以上の職歴を有する者、または出願資格取得後3年以上経過している者

外国人留学生特別選抜試験

一般選抜試験の出願資格のいずれかに該当する者で、外国籍を有し、「日本語能力試験(1級/N1)」または「日本留学試験」を受験している者

入試日程

4月入学生 Ⅰ期

出願期間 2019年  9月 2日(月)~ 9月7日(土)消印有効
選考日時
試験場

2019年  9月12日(木)

小論文10:30~11:30  英語12:30~13:30  面接13:40~

東京家政学院大学 千代田三番町キャンパス

選考方法

小論文、英語、面接及び出願書類により、総合判定する。

なお、英語試験については、本学で用意した英和辞典を貸与する。

合格発表日

2019年 9月18日(水)

合否結果を受験者全員に通知(郵送)する。

また、合格者には、合格通知書及び入学手続書類を郵送する。

入学手続締切日 2019年 9月27日(金)
入学時期

2020年 4月

4月入学生 Ⅱ期

出願期間 2020年 2月 7日(金)~ 2月14日(金)消印有効
選考日時
試験場

2020年 2月25日(火)

小論文10:30~11:30  英語12:30~13:30  面接13:40~

東京家政学院大学 千代田三番町キャンパス

選考方法

小論文、英語、面接及び出願書類により、総合判定する。

なお、英語試験については、本学で用意した英和辞典を貸与する。

合格発表日

2020年 3月 3日(火)

合否結果を受験者全員に通知(郵送)する。

また、合格者には、合格通知書及び入学手続書類を郵送する。

入学手続締切日 2020年  3月10日(火)
入学時期

2020年  4月

9月入学生

出願期間 2020年 6月29日(月)~ 7月 6日(月)消印有効
選考日時
試験場

2020年 7月11日(土)

小論文10:30~11:30  英語12:30~13:30  面接13:40~

東京家政学院大学 千代田三番町キャンパス

選考方法

小論文、英語、面接及び出願書類により、総合判定する。

なお、英語試験については、本学で用意した英和辞典を貸与する。

合格発表日

2020年 7月15日(水)

合否結果を受験者全員に通知(郵送)する。

また、合格者には、合格通知書及び入学手続書類を郵送する。

入学手続締切日 2020年  7月22日(水)
入学時期

2020年  9月

特待生制度

各入試日程における総合得点最上位者については、特待生として1年次授業料のうち半額(前期分15万円・後期分15万円)を免除する。ただし、基準点に満たない場合は特待生の対象としない。

特待生認定数

  • 4月入学生 Ⅰ期:各専攻1名
  • 4月入学生 Ⅱ期:各専攻1名
  • 9月入学生:各専攻1名

※詳細は、2020年度大学院学生募集要項参照のこと(8月上旬配付予定)